文春オンライン

「高音を出すときに眉間にシワが寄ると、なんだか苦しそうに見えてしまうから」 野宮真貴、松本孝美、渡辺満里奈が語る“マイ美容皮膚科”

野宮真貴63歳×松本孝美57歳×渡辺満里奈52歳『大人の女史会』にようこそ。

2023/06/25

 野宮真貴さん、松本孝美さん、渡辺満里奈さんが気になる話題を語り合う「大人の女史会」。マスクを外すことが多くなり、改めて、シワ、シミ、たるみが気になるようになった3人。今回は美容皮膚科の最前線を知るべく、野宮さん行きつけのウォブクリニック中目黒へ。クリニックの髙瀬聡子院長にお話を聞きました。『週刊文春WOMAN2023夏号』より、一部を紹介します。

渡辺満里奈さん(上左)、松本孝美さん(上右)、野宮真貴さん(下左)、髙瀬聡子さん(下右)

◆◆◆

「眉間にボトックス」最近は20代から始める人も

野宮 髙瀬先生とは10年以上前にフィトセラピーを通して知り合って。クリニックへ通うようになったのは3年ほど前からかな。半年に1回、眉間にボトックスを入れてもらっていて。

ADVERTISEMENT

髙瀬 私の場合、まずカウンセリングをして、どんな風にお顔を演出したいかということを共有するんです。要は、まったくシワがないお顔にしたいのか、ある程度ナチュラルに、シワは残しつつ元気に見えるようにしたいのか、その方の美意識によって違いがありますから。真貴さんの場合、ステージでパフォーマンスをするときは元気に見せたいと。そのためには、極力眉間にシワが寄らないようにしたいよねって。

野宮 私、高音を出すときに眉間にすごくシワが寄っちゃうのね。そうすると、なんだか苦しそうに見えてしまうから、その予防で。

髙瀬さんのクリニックに3年ほど前から通っているという野宮さん

髙瀬 実は、みなさんにボトックスを入れて良かったと思う箇所を聞くと、第1位が眉間なんです。私も半年に1回打ってます。

松本 打つと、そこはまったく動かなくなる?

髙瀬 量で調整できるんです。まったく動かさないようにしたいのか、多少動くようにしたいのか。だいたい4か月から6か月ぐらい効きますから、定期的に続けるとシワが刻まれにくくなっていきます。最近は20代から始められる方もいて。

3人 えーっ!

髙瀬 昔と比べて美容皮膚科のハードルが下がったというのもあると思います。うちのクリニックは17年目ですが、始めた頃は、ボトックスやヒアルロン酸といった注入系は、みなさんやっぱり抵抗がありました。でもいまは、世代を問わずみなさん前向きです。

渡辺 確かに昔って、ボトックスを入れるだけでも「整形」と言われちゃっていたかもしれない。

関連記事