文春オンライン
〈資料入手〉「残業するとボーナスがカットされる」マクドナルド元店長が告発する“過酷な労働環境” 元勤務先は未払い残業代支払いを拒否

〈資料入手〉「残業するとボーナスがカットされる」マクドナルド元店長が告発する“過酷な労働環境” 元勤務先は未払い残業代支払いを拒否

 福島県にある「マクドナルド」の店舗で店長などを務めていた元従業員が、元勤務先である日本マクドナルドのフランチャイジー(加盟店)に対し、未払い残業代の支払いなどを請求したものの、拒絶されていたことが「週刊文春」の取材でわかった。

 世界最大のハンバーガーチェーンであるマクドナルド。現在、100以上の国と地域で4万を超える店舗を構える。日本では全国に約2960店舗を展開し、その7割以上がフランチャイズチェーン(FC)だ。

元店長が告白「私も自分の勤務時間の改ざんをしていました」

 そんなマクドナルドを巡っては、茨城県にある友部店(笠間市)で店長が従業員38人の勤務時間を不正に減らし、自分の妻の勤務時間だけを増やす“勤怠記録の改ざん”に手を染めていた問題を「週刊文春 電子版」が6月7日配信の記事で報じた。

ADVERTISEMENT

 すると、記事の配信後、マクドナルドの元従業員Aさんから編集部に連絡があった。Aさんは「私も自分の勤務時間の改ざんをしていました」と告白した上で、元勤務先に対して「未払い残業代を請求したが支払いを拒否された」と明かしたのだった。

Aさんが勤務していたマクドナルドの店舗

 Aさんが昨年まで社員として勤務していたのは、福島県と栃木県でマクドナルドを8店舗運営するフランチャイジー「キノシタ」。「残業をすると怒られるという文化」(Aさん)である同社で、仕事は多忙を極めたという。

「とにかく人手が足りなくて、休憩を取れないまま朝から晩まで働きっぱなしだったり、休日出勤しないとお店を回せなかったりすることが多くありました。でも、実際の残業時間を正直に記録すると、(36協定で定められた上限の)月45時間を簡単にオーバーしてしまう。超えそうになった時は会社から言われて、勤務時間を少なく修正させられました」(同前)

 部下のバイト店員(クルー)と会社の板挟みになっていたAさん。自分自身の勤務時間の改ざんにも手を染めていたという。

関連記事