文春オンライン
「1歳のわが子を“ダシ”に借金まみれ…」沼津・赤ちゃんを焼いた“ナニワのホス狂”浅沼かんな容疑者(24)の“異常なカネへの執着”「ヤバい連中が血まなこで探してた」【殺人容疑で“両親”を逮捕】

「1歳のわが子を“ダシ”に借金まみれ…」沼津・赤ちゃんを焼いた“ナニワのホス狂”浅沼かんな容疑者(24)の“異常なカネへの執着”「ヤバい連中が血まなこで探してた」【殺人容疑で“両親”を逮捕】

genre : ニュース, 社会

 静岡県沼津市の海岸で生後間もない赤ん坊の遺体を焼いて遺棄したとして逮捕されていた浅沼かんな容疑者(24)と高見直輝容疑者(20)が、22日、殺人容疑で逮捕された。

「ナニワのホス狂」として悪名を馳せた女と、うだつの上がらないダメホストの男は、波音だけが響く人気のないさみしい海辺で、なぜ我が子を焼くに至ったのか。

 2人がいかにして人生を転げ落ちていったか、その足取りを詳細に追った当時の記事を再公開する(初出:2023年6月6日。年齢、肩書は当時のまま)

ADVERTISEMENT

◆◆◆

 静岡県沼津市の千本浜海岸で、生後間もない女児の遺体を燃やしたとして2日までに浅沼かんな容疑者(24)と高見直輝容疑者(20)が逮捕された死体遺棄・損壊事件。

 売れないホストとその太客として大阪で出会った2人。互いに依存を深めたあげく、遊ぶ金欲しさに周囲に金をせびり続けた男と女は人生を転げ落ち、さびしい浜辺で乳児を焼くという結末に至る。その足取りを文春オンラインは追ってきたが、今回、また新たな事実が明らかになる。

両容疑者が寝起きしていた沼津駅前のネットカフェ
浅沼かんな容疑者(24)

“我が子”を金を借りるための“ダシ”にしていた

 それは浅沼容疑者の異常なほどのカネへの執着だ。彼女は地元・沼津でリアルな交友関係の範疇を越え、マッチングアプリまで使って見ず知らずの男性たちから金を騙し取るような生活を送っていた。

 金を借りるために“ダシ”にしていたのは、浅沼容疑者の“我が子”だった。容疑者の知人男性が語る。

「浅沼には4年前、マッチングアプリを使って知り合いました。自分はキャバクラで働いていて、勤め先の寮に住んでいると言ってました。『夫からDVを受けて別れた』『私の生活能力が低くて、1歳の娘の親権を奪われた』『面会もできない』と、つい助けたくなってしまうような身の上話を聞かされました」

売掛10万円を返す浅沼容疑者

「娘が連れていかれてしまう」迫真の演技で泣き落とし

 男性は続ける。

「ひと言で言えば、負のオーラをまとった女性。悲劇のヒロインっぽく見せて、同情を誘うのが上手というんでしょうか。出会って4、5回は食事だけのデートをしました。それである時、急に金を貸して欲しいと相談をされたんです。1歳の娘の写真を見せながら……」

 借金を申し出る浅沼容疑者は、迫真の演技を見せていたようだ。

関連記事