昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/03/05

どんな管理職が生き残れるのか?

 会社のなかでも、AI時代になれば中間管理職の8割は必要なくなるでしょう。これからは、単なるホウレンソウ的な仕事、とくに報告・連絡はもう必要ないです。AIによって自動的にできてしまうので。そのため、相談ごとのところだけ残るでしょう。ということは、相談上手である必要があります。人間的に非常に豊かな人でないと相談相手としては使えません。あるいは本当のリーダーシップ、もしくはクリエイティビティのあるリーダーシップが必要になります。いわゆるソフトサイドのスキルですね。ルールもなにもなくて、どうしてよいか分からないような現場で、新しいルールを作り出して、現場の問題解決ができる。そんな管理職が生き残ります。

冨山和彦氏 ©平松市聖/文藝春秋

 くどいようですけど、ルールベースで正解に辿り着くタイプの仕事はなくなっていくので、今のままだと仕事の6割ぐらいはなくなってしまいますね、特に大きな会社ほどその傾向は強いです。サラリーマン社会では、自分で能動的に動くよりも、上司の正解を探って指示通りに動くほうが安全です。自分で勝手に動いて地雷を踏んでしまうと、えらい勢いで怒られる。その結果、ルールベースの仕事しかできない人間が育ちやすい。受け身でものを考え、事前調整して保険をかけるようなタイプ。そのような中間管理職が、今後は一番危ないのではないか。

©近藤俊哉/文藝春秋

 こうならないためには、どうするか。たとえば、今、大企業に勤めている人でも、みずから手をあげて子会社に出向したり、ベンチャーに転職して、マネジメント能力を鍛えることです。ややこしい状況で仕事をせざるをえない状況に自分を追い込み、常に自分で判断するというクセがつけられるからです。50代になるともう修正するのは難しいので、30代、40代から考えていったほうがいいですね。

#4に続く

●講演会のお知らせ
2018年ビジネス書グランプリ グロービス経営大学院特別賞受賞!
『AI経営で会社は甦る』著者 冨山和彦さん講演会「AI経営『勝利のシナリオ』」
4月9日(月)19:00〜(18:30開場) 於文藝春秋西館地下ホール
AI時代、日本の取るべき戦略は? あなたとあなたの会社が生き残るには? Q&Aタイムあり。
お申し込み先 https://bunshunlive23.peatix.com/?lang=ja

*本シリーズは第8回「~hontoで学ぶ~」「経営共創基盤代表取締役CEO冨山和彦 特別講義『AI経営で会社は甦る』」(2017年4月17日)より収録・構成しました。  

AI経営で会社は甦る

冨山 和彦(著)

文藝春秋
2017年3月29日 発売

購入する

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー