文春オンライン
「うちにくる?」東大進学2桁 朝日新聞も取り上げた茨城県エリート校のインド出身民間人校長が既婚女性と不倫トラブル

「うちにくる?」東大進学2桁 朝日新聞も取り上げた茨城県エリート校のインド出身民間人校長が既婚女性と不倫トラブル

今年4月から茨城県立土浦第一高等学校(茨城県土浦市)の民間人校長に就任したプラニク・ヨゲンドラ氏(46、通称よぎ氏)が既婚女性と不倫トラブルになっていることが、「週刊文春」の取材でわかった。同高校は東大合格者を毎年2桁輩出する名門として知られる。

茨城県立土浦第一高校

 よぎ氏をよく知る関係者が語る。

「よぎさんはインドの大学を卒業後、1997年に来日した。大学と語学学校で鍛え上げた持ち前の日本語とITの知見で2010年にはみずほ銀行からヘッドハンティングを受けました。2012年に日本国籍を取得し、2019年には楽天銀行に転職し企画本部長を務めたエリートです。同年、立憲民主党の初鹿明博衆院議員(当時)から声をかけられ、同党から江戸川区議選に出馬し当選。地元ではよぎさん、よぎさんと親しまれていました。つい先日、朝日新聞のGLOBE(6月18日付け)一面で、大きく彼のインタビューが掲載されました」

ADVERTISEMENT

A子さんの告白「優しいよぎさんに惹かれてしまった」

 そんなよぎ氏と不倫関係にあったと告白するのが、A子さんだ。

「2019年秋、よぎさんが立憲民主党の江戸川区議だったときに、私はよぎさんとはじめて関係を持ちました。地元関係者の会合で一緒になった際に『うちにくる?』と誘われ、その夜、よぎさんのお母さんが切り盛りするインド料理店に行ったのがきっかけです。てっきり、お店に呼んでくれたのかと思いきや、お店の上にある2階のイベントスペースに案内されました。夫がいる身なのにダメだ、と思いましたが、当時から夫とは家庭内別居状態で、優しいよぎさんに惹かれてしまった」

よぎ氏とA子さん

 よぎ氏は独身だったが、A子さんには家庭があり、不倫関係だった。その後、昨年よぎ氏が土浦第一高校の副校長に採用され、教職者となった後も「許されざる関係」は続いた。2019年の秋以来、計7回ほどよぎ氏と肉体関係を結んだと、ツーショット写真やメッセンジャーのやり取りを見せながら詳細に語るA子さん。