文春オンライン

14歳年下マカベくんと大学の同級生の間で揺れ…益田ミリが描いた40歳の“恋と老い”『ヒトミさんの恋』

2023/09/09

source : 提携メディア

genre : ライフ

 2023年8月28日(月)に発売となった益田ミリさんの新刊『ヒトミさんの恋』は、週刊文春の人気連載コミック「沢村さん家のこんな毎日」の登場人物の一人でもある娘・ヒトミ(40歳)のサイドストーリーだ。

 14歳年下の会社の後輩と、昔片思いをしていた大学の同級生の二人の男性から同時に好かれる「モテ期」を迎えたヒトミさん。彼女の恋する日常は、同世代の女性を中心に「恋をしてみたくなった」「大人には大人なりの恋愛の難しさがある」と話題を集めている。

 軽く読めるのに、読んだ後、ずっしりと心に響く益田ミリワールド。「アラフォーの恋愛」というひと言ではくくれない、作品の魅力に迫る。

ADVERTISEMENT

「沢村さん家のこんな毎日」:父・四朗さん(70歳)と母・典江さん(69歳)、娘のヒトミさん(40歳)という、平均年齢60歳の家族の、何気ない日常を描いたホーム・コミック。高齢の両親とその娘の日常に自分を重ねる読者も多い。週刊文春で連載中。


──『ヒトミさんの恋』は、ヒトミさんの恋愛を軸に、「40歳独身、実家暮らし、ベテラン会社員」のヒトミさんの日常を描き出しています。アラフォーの恋ということで、特別に意識されたことはありますか。

恋と老いが混ざりあう。そういう意味で大人の恋を描きました。

──でも、「好きな人に少しでもキレイでかわいい自分を見せたい」という思いに、年齢は関係ありませんよね。ヒトミさんも、14歳年下の会社の後輩・マカベくんとのデートの時に、「ちょっと若い」ワンピースを選ぶシーンがあります。そんな自分に葛藤しつつ、新しい服や靴を買えてしまうところも、「大人」の醍醐味に思えます。

『ヒトミさんの恋』。

 豊かで、ときに痛々しく。他の何とも代替できない不思議な現象が恋だと思います。本作のあとがきにも書いたのですが、「ヒトミさんの恋」を描いている間、淡い切なさの中にいたような気がします。

──「沢村さん家のこんな毎日」の中では、家族や女友達と過ごすことが多かったヒトミさんですが、本作ではいきなり二人の男性から好意を寄せられます。まるで少女漫画のような展開で、このシチュエーションに憧れる読者も多いと思います。

関連記事