文春オンライン
〈独占〉東山紀之新社長(56)体制で藤島ジュリー景子氏(57)が取締役としてジャニーズ事務所残留へ 「再発防止特別チームの提言に逆らう形」「再出発の足を引っ張る」との指摘も

〈独占〉東山紀之新社長(56)体制で藤島ジュリー景子氏(57)が取締役としてジャニーズ事務所残留へ 「再発防止特別チームの提言に逆らう形」「再出発の足を引っ張る」との指摘も

source : 週刊文春

genre : エンタメ, 芸能

 ジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子社長(57)が社長退任後、役員として残留する方向で調整していることが「週刊文春」の取材でわかった。ジャニーズ事務所関係者が明らかにした。

 ジュリー氏の後任として、新社長に東山紀之(56)が就任することは、「週刊文春」がすでに報道。9月7日にはジャニーズ事務所は記者会見を行うが、東山が新社長として出席し、故・ジャニー喜多川氏の性加害問題に対する今後の取り組みについて説明すると見られる。

ジャニー喜多川氏の性加害について動画で謝罪をした藤島ジュリー景子社長

 性加害問題を巡っては、事務所から調査を委託されていた再発防止特別チームが8月29日に記者会見を行い、調査報告書の内容を発表した。ジュリー社長については会見で「ジャニー氏の性加害がこんなに長期間にわたって継続したのは、同族経営の問題があった」「再出発については、ジュリー氏ではガバナンスについて解消できない」と厳しく指摘。その上で「辞任」を要求していた。

ADVERTISEMENT

 新社長については、ソニーミュージックの元役員など外部から招聘する可能性も囁かれたが、最終的に所属タレントの最年長者で“長男格”の東山に白羽の矢が立った。

東山紀之(Johnny's netより)

退任の“お墨付き”をもらったが…

 ジュリー氏自身は再発防止特別チームの調査報告書を受けての退任となる。

「本人はその前から社長を辞めることを決めていた。報告書で退任する“お墨付き”をもらった形となります」(芸能プロ関係者)

 そのジュリー氏の“人事”について、驚くべき事実が判明した――。

関連記事