文春オンライン

性的快感があるからといって「合意」ではない…身体反応がわかりやすい男性の性被害で加害者が取る巧妙な手口

source : 提携メディア

note

男性の性被害はなぜ表に出てきにくいのか。臨床心理士の宮﨑浩一さんは「女性とちがって男性の性被害に特徴的なのは、全く望まない状況だとしても性器が反応していると分かってしまうこと。そのとき被害者は混乱し、加害者はそれにつけこんで合意の上の行為だと思い込ませようとする」という――。

※本稿は、このテーマをより深く理解するために性にまつわる具体的な生物学的記述が含まれています。宮﨑浩一、西岡真由美『男性の性暴力被害』(集英社新書)の一部を再編集したものです。

写真=iStock.com/baona ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/baona

男性への性加害でも「性的快感」が暴力の手段となる

「性」を手段にした暴力を受けると、身体にも心にも深い傷がつくことがあります。性的なことは、明確な輪郭があって目に見えることばかりではないので、ある意味非常に曖昧でもあります。それは、性的な事柄というのは個人の感覚によって性的であるかどうかが決まるからです。だから、人がどう言おうとも、自分が性的に不快だと感じることは、勝手にされてよいものではありません。その性的な感覚を侵害する行為が性暴力であり、その結果として男性に特徴的な問題を生じさせることがあります。

ADVERTISEMENT

性的な感覚の一つとして、性的快感があります。好きな人とのスキンシップで満たされながら感じることもありますが、この性的快感も暴力の手段として使われます。

性的快感は親密な関係で大切に育まれて感じるものと、反射的に身体が反応して感じるものとに分けて考えられます。暴力の手段として使われる性的快感は、反射的な身体の反応を利用していると言うことができます。この反射的な快感が生じる部分が生殖器の、特に陰茎(ペニス)亀頭部や陰核(クリトリス)です。

性行為を望んでいなくても生殖器の一部は反応する

ヒトは同じ細胞から精子を作る個体であるオスと、卵子を作る個体であるメスとに分化していきます。たくさんの神経組織が集まっている性器の、特に陰茎や陰核は刺激を受けることで反応し、快感が起きるように作られています。このような身体的な反射で起きる快感は、相手との関係性やその行為を望んでいたかどうかといった意思とは関係なく起きます。そのため、とても不快で嫌悪を感じている状況でも、起き得ることです。

関連記事