文春オンライン
《6年越しの衝撃》斉藤由貴が土曜の夜に大立ち回り! かつての不倫相手のクリニック前で泣き叫び、警察出動の騒動を起こしていた!――2023年読まれた記事

《6年越しの衝撃》斉藤由貴が土曜の夜に大立ち回り! かつての不倫相手のクリニック前で泣き叫び、警察出動の騒動を起こしていた!――2023年読まれた記事

note

2023年、文春オンラインで反響の大きかった記事を発表します。女性芸能人部門の第1位は、こちら!(初公開日 2023年11月1日)。

*  *  *

 女優の斉藤由貴が2017年に「週刊文春」で医師のX氏とのW不倫を報じられてから6年――。不倫を解消していたはずの2人が現在も関係を持っていることが「週刊文春」の取材で明らかになった。

今田美桜の毒親を好演中 ©時事通信社

 判明のきっかけは10月28日夜。X氏の経営するクリニックの玄関前で、警察が出動する騒ぎが起きたことだった。現場に居合わせた目撃者が語る。

ADVERTISEMENT

「斉藤さんとXさんがドアを挟んで押し問答していたのです。頑なに中に入れようとしないXさんに斉藤さんは『入れて! 閉めないで!』と叫んだのです。まさか女優さんがそんなことをするなんて……」

「週刊文春」はこの際の斉藤のあられもない姿を収めた動画を入手した。クリニックのドアにすがりつき、すすり泣く斉藤は、狂乱状態に陥っていた。

ドアにもたれかかってすすり泣く

 いったいなぜ、斉藤はかつての不倫相手のクリニックを訪れ、警察が駆けつけるような騒動を起こしてしまったのか。

 取材に対し、斉藤の所属事務所は以下のように答えた。

「当日X氏とお会いしたのは事実です。警察に通報したのは斉藤本人で、その場の状況を受けて判断した対応と報告を受けております。2017年以降、(X氏と)お付き合いはしておりません」

 もう一方の当事者のX氏は直撃に対して無言を貫いたものの、時間をあらため記者に電話をかけてくると、10月28日のことをおもむろに語り始めるのだった――。

 11月2日(木)発売の「週刊文春」および11月1日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」では、斉藤の起こした警察沙汰の詳細、この6年間のX氏と斉藤の歩み、そして現在の関係を詳しく報じている。

2023年の読まれた記事「女性芸能人部門」結果一覧

1位:《6年越しの衝撃》斉藤由貴が土曜の夜に大立ち回り! かつての不倫相手のクリニック前で泣き叫び、警察出動の騒動を起こしていた!
https://bunshun.jp/articles/-/68084

2位:《前澤友作と破局から2年》女優・剛力彩芽(30)“10キロ体重増”の貫禄姿「肩に羽織ったジャケットをなびかせて…」
https://bunshun.jp/articles/-/68083

3位:「そりゃ、やってるでしょ」寺山修司、酒、激しい夜の営み…高橋ひとみ(62)の愛が止まらない「50代同士でも凄いんですよ」
https://bunshun.jp/articles/-/68082

4位:裸で拷問シーン、略奪愛、元夫の自殺…女優・多岐川裕美が封印する「黒歴史」とは
https://bunshun.jp/articles/-/68081

5位:《半同棲スクープ撮》‟TikTok再生回数25億超え”「新しい学校のリーダーズ」KANON(21)‟手つなぎ真剣交際”写真「お相手は星野源の所属レーベル期待の22歳ボーカル」
https://bunshun.jp/articles/-/68080

この記事の全文は「週刊文春 電子版」で購読できます
《狂乱動画入手》斉藤由貴 “6年不倫”で警察出動

《狂乱動画入手》斉藤由貴 “6年不倫”で警察出動

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

《6年越しの衝撃》斉藤由貴が土曜の夜に大立ち回り! かつての不倫相手のクリニック前で泣き叫び、警察出動の騒動を起こしていた!――2023年読まれた記事

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー