文春オンライン
「まだ付き合っていると思ってた…」ヒカキン(34)結婚に‟二股”疑惑!? 交際相手のA子さんが悲しみの告白「彼は私とは特別な関係だと」《ツーショット写真多数》

「まだ付き合っていると思ってた…」ヒカキン(34)結婚に‟二股”疑惑!? 交際相手のA子さんが悲しみの告白「彼は私とは特別な関係だと」《ツーショット写真多数》

source : 週刊文春Webオリジナル

genre : エンタメ, 芸能

note

「結婚おめでとう」A子さんからのメッセージにHIKAKINは…

 そして――。2024年1月1日0時。ヒカキンは “元旦電撃婚”を発表。A子さんは驚きを隠せず、その1時間20分後にヒカキンにLINEを送った。

「結婚おめでとう」

 その17分後の1時37分にヒカキンから返信が来る。

ADVERTISEMENT

「ありがとう! お互い、健康気をつけて、がんばろう!」

HIKAKINとA子さん

 A子さんがこの時の心境を明かす。

「私との関係は完全になかったことにするような文面に段々腹が立ってきて。なになかったことにしてんだよ! みたいな(苦笑)。でも、モヤモヤした気持ちをぶつけても何かが変わるわけじゃないと思って。彼にメッセージを送りました」

 A子さんが1時40分に送ったLINEは以下の通りだ。

〈新年早々ごめんなさい。喜べなかったです。自然消滅みたいな感じで距離が空いていってこの結末で私はずっとモヤモヤしていたので〉

〈けどお幸せに〉

A子さんがHIKAKINに送ったLINE

 その10分後、ヒカキンからは「わかってくれて、ありがとう」とメッセージが届いた。A子さんがため息をつく。

「別に『わかった』わけじゃないんですけどね(苦笑)。結婚するならせめて、私には事前に知らせて彼の口から私に『分からせて』欲しかった。彼は『特別な関係』と言っていたけど、私は本当にまだお付き合いしていると信じていたんですよ。結局、彼のいう『特別な関係』って、家事をしてくれたり、体の関係だったりと、ただの『都合のいい女』って言う意味だったのかなと。そう思うと本当に腹が立ってきて。

HIKAKINとA子さん

 付き合っていた時、彼は『お前以降は、一般人とは付き合わない』『結婚するなら芸能人と絶対する』と言っていました。でも蓋を開けたら『一般人と結婚しました』って……。悲しいです」

"炎上知らずの聖人”に起きた二股疑惑。小誌記者は1月19日、ヒカキンの携帯電話を鳴らした。わずかワンコールで繋がった電話口から声は聞こえず、記者の問いかけに対して1分間ほど沈黙を貫いた。記者がA子さんの名前を出すと、か細い声で答え始めた。

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

「まだ付き合っていると思ってた…」ヒカキン(34)結婚に‟二股”疑惑!? 交際相手のA子さんが悲しみの告白「彼は私とは特別な関係だと」《ツーショット写真多数》

週刊文春電子版の最新情報をお届け!

無料メルマガ登録

関連記事