文春オンライン

「2人には迷惑をかけましたね」磯野貴理子が語る、共演者の松居直美・森尾由美との意外な関係性〈『はやく起きた朝は…』30周年〉

磯野貴理子さんインタビュー#2

2024/02/10

genre : エンタメ, 芸能

note

――河原とかに落ちているあの石、ですよね。

磯野 私、石も好きなんです。石ってすごいじゃない。地球そのもの、って感じがしないですか? 

――さっきも、撮影場所にあった石像を触られていましたよね。

ADVERTISEMENT

磯野 私、お気に入りの石も持ち歩いてるのよ(と言ってカバンから出す)。

 

――きれいな石ですね。

磯野 浜辺とか川とか行った時に、かわいい石を探してるの。で、番組中に自分のお気に入りの石を紹介したことがあるんだけど、まあ反応がなくて。石ってこんなに人気ないんだと思って。

女同士だからこそ、気楽でホッとする

――女性同士のおしゃべりの楽しさが詰まっている『はや朝』ですが、男性からのハガキも多いですよね。

磯野 ここのところ、男性からのハガキがすごく増えたのよ。理由はわからないんだけど。

――磯野さんは、女性同士の方が気楽ですか。

磯野 それはありますよね。女同士だからホッとするっていうか。

 あと私自身、女の人が好き、っていうのはあるかな。もう男も女もない時代だけど、女の人が頑張ってると嬉しいの。

 

今年はスタジオを飛び出し、3人でいろんなことができたら

――『セックス・アンド・ザ・シティ』のような、女友だちの尊さを感じます。

磯野 ちょっと前に東京で夜中に地震があった時、区によっては停電したりしてたんだけど、直美ちゃんと由美ちゃん、2人ほとんど同時ぐらいに連絡をくれて。あれは嬉しかったです。

――1人であって1人じゃない、みたいな。

磯野 その時はそんな気持ちになりましたね。そういう女友だちが、1人でも2人でもいると心強いですよね。

――3人がケンカとか、気まずくなることはありましたか。

磯野 気まずいこともあったと思いますよ。だって、30年もやってるんだもん。だけどそんなの、次に会った時はもう忘れてるから。そういうのは引きずらないのよ。

――改めて、『はや朝』への抱負をお聞かせください。

磯野 スタジオを飛び出して、3人でいろんなことができたらいいですね。それこそバードウォッチングとか。あ、あと今年こそは石を盛り上げて、石の年にしたいね(笑)。

写真=鈴木七絵/文藝春秋

「2人には迷惑をかけましたね」磯野貴理子が語る、共演者の松居直美・森尾由美との意外な関係性〈『はやく起きた朝は…』30周年〉

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー