文春オンライン

『セクシー田中さん』人気漫画家・芦原妃名子さん(享年50)が友人男性に吐露していた名作『砂時計』映像化をめぐる“悩み”「彼女が映像化をよく許可したな、と…」

「彼女がよく映像化を許可したな」友人が6年前に聞いた“ある悩み”

 冒頭の友人男性が語る。

「実は、『セクシー田中さん』がドラマになると聞いた時、彼女がよく映像化を許可したな、と私は思ったのです」

 なぜか。友人男性がこう語るのは、今から6年前に“ある悩み”を聞いていたからだ。

ADVERTISEMENT

『砂時計』――コミックスの累計発行部数は700万部を超える芦原さんの代表作であり、世代を超えて語り継がれる名作漫画だ。同作は2007年3月から6月までTBS系列でドラマ化された。さらに2008年には夏帆と松下奈緒のダブル主演で映画化もしている。しかし、芦原さんは同作の映像化について、この友人男性に率直な心境を明かしていたという。

名作と言われる「砂時計」(DMMブックスより)

「私は(芦原さんの)この言葉をよく覚えているんです」(同前)

 芦原さんは一体何を語っていたのか。現在配信中の「週刊文春 電子版」では、名作『砂時計』の映像化について芦原さんが打ち明けていた“悩み”、友人男性が明かす素顔の芦原さん、亡くなる直前に芦原さんのLINEアカウントとXの“鍵アカウント”に起きていた異変などについて詳しく報じている。

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

『セクシー田中さん』人気漫画家・芦原妃名子さん(享年50)が友人男性に吐露していた名作『砂時計』映像化をめぐる“悩み”「彼女が映像化をよく許可したな、と…」

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー

関連記事