文春オンライン

愛子さま(22)圧巻の“純白ドレス”伊勢神宮ご参拝でフィーバーが…“全身ホワイトスーツ”で示された雅子さまへのオマージュ

2024/04/02

genre : ニュース, 社会

 天皇皇后両陛下の長女・愛子さま(22)は、4月1日に日本赤十字社へ初出勤された。ネイビーのベーシックなスーツに白いシャツ、ブラックのローヒールパンプスをお召しになり、ポニーテール姿で颯爽と初日を迎えられた。

4月1日、日本赤十字社に初出勤された愛子さま ©時事通信社

 それに先立ち、学習院大学を卒業したことを報告するため、3月26日には三重県の伊勢神宮を参拝され、27日には奈良県の神武天皇陵を参拝された。この地方ご訪問でも、さまざまなスーツや参拝服をお召しになり、随所に愛子さまのこだわりが感じられたのだ。

 現地取材をして感じたのは、どこへ行っても大勢の人が集まって「愛子さま~」と歓迎の声があがったことだ。名古屋駅などをはじめ、愛子さまのお姿を一目見ようと、長い時間をかけて待っていた人も多くいたようだった。その都度、愛子さまは丁寧に会釈をして応えられた。

ADVERTISEMENT

(1)全身ホワイトスーツは“ワントーンの美意識”

 往路の新幹線、近鉄の列車では、ホワイトのスーツに同色のパンプスをお召しになった。洋服と靴、バッグの色を合わせてワントーンにする美意識は、雅子さまへのオマージュでもあるかもしれないと思った。雅子さまは縦長の“Iライン”を演出されるのに対し、愛子さまは少し短めの丈のジャケットにフレアスカートなどを合わせられることが多い。愛子さまにお似合いになるバランスだと思う。

3月26日、近鉄鳥羽駅に到着された愛子さま ©時事通信社

 この日、あいにく伊勢神宮周辺は荒天で、土砂降りのなか、愛子さまのお出ましを多くの人が待っていた。ところが愛子さまが外宮に到着される直前に雨があがり、太陽がさし、次第に青空が広がったことには驚いた。外宮に続き内宮を参拝されるころには、風が出てきたもののすっかり天気は回復し、激しい雨がうそのように晴天となった。