文春オンライン

同じ少年を好きになった仲良し双子姉妹、初めての恋の結末は…? まばゆさにあふれたタイの青春映画

映画『ふたごのユーとミー 忘れられない夏』

2024/06/28

source : 週刊文春CINEMA 2024夏号

genre : エンタメ, 映画

note

 いま、タイの若手監督と、その作品を手掛けるレーベル“GDH”が熱い。『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』(17年)など、世界の注目を集める映画を制作しており、本作もその一本となる。

 また、この作品のプロデューサーはモキュメンタリー・ホラーの『女神の継承』(21年)のバンジョン・ピサンタナクーン監督。とはいっても今作はまったくホラーとは縁遠い内容だ。

祖母の元に身を寄せる中学生の双子姉妹

『ふたごのユーとミー』は、瑞々しい青春映画である。観終わって久々にクラクラしてしまうほど、可愛らしいまばゆさにあふれた作品だ。タイの田舎という、木々も風も湖もすべて、爽やかさで透徹している自然のなかに、双子の少女がやってくる。

ADVERTISEMENT

タイ東北部ののどかな町ナコーンパノムを舞台に、双子のひと夏の恋と成長が描かれる ©2023 GDH 559 Co., Ltd. All Rights Reserved / ReallyLikeFilms

 時代は2000年問題に揺れる時期で、彼女たちはユーとミー。一卵性双生児でずっと仲良く暮らしてきた中学生の姉妹。違いはミーの頬に薄いほくろがあるくらいだ。

 二人は食べ放題を一人分の料金で入れ替わって二人で楽しんだり、ユーの数学の再試を、得意科目であるミーがすり替わって受けたり、お互いの人生を分け合うように生きてきた。

 しかし父の借金で両親が不仲となり、二人は祖母の元に身を寄せることになった。そこで一人の少年への初恋を巡って、初めて二人は心がすれ違うようになってしまう。

とにかくティティヤーの演技が素晴らしい

 監督は双子姉妹のワンウェーウ&ウェーウワン・ホンウィワット。主演のユーとミーを一人二役で演じるのは、新人俳優ティティヤー・ジラポーンシン。彼女はピサンタナクーン監督が、知人のインスタで見かけて抜擢した期待の新星だ。

本作がデビューのユーとミー役のティティヤー・ジラポーンシンは、プロデューサーが知人がインスタに載せていた写真を偶然見つけて大抜擢した逸材 ©2023 GDH 559 Co., Ltd. All Rights Reserved / ReallyLikeFilms

 とにかくティティヤーの演技が素晴らしい。もちろん映画技術の、双子が同じ画面にいる違和感がない映像技術も発達しているが、ティティヤーは双子の微妙に異なる性格を、微細に演じ分けている。

 ユーは健康的で明るく、ミーの方が心の成長が早く客観性を持っているように見える。

ユーとミーの心を奪う少年マークを演じたアンソニー・ブイサレートも本作が映画初出演と、フレッシュな面々が揃った ©2023 GDH 559 Co., Ltd. All Rights Reserved / ReallyLikeFilms

 お互いに気遣いをしつつも、初恋を巡って初めてぎくしゃくする、双子の思春期の戸惑いがとても自然体なのだ。