昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/04/28

私設美術館に上野の杜……、GWに行きたいのはここだ

 人気美術館ランキングの4~10位は、以下のようになっている。

美術館めぐりには、TOKYO ART BEATアプリも便利だ

 4位の原美術館と6位のワタリウム美術館は私設の美術館で、どちらも館の建築自体が見どころになっている。原美術館は戦前に建てられた私邸を改築して展示空間にしており、設計は渡辺仁。銀座和光ビルなどを手がけた大御所建築家だ。

 ワタリウムのほうは、スイスの建築家マリオ・ボッタによるもの。外観・内観ともに幾何学的で軽やか、デザイン性に富んでいる。建築探訪を目的に足を運んでも、じゅうぶん満足できるはずだ。

現在は「プーシキン美術館展──旅するフランス風景画」を開催している東京都美術館
唯一、東京都以外でランクインした横浜美術館の常設展示風景

 ランキングはさらに、以下のように続く。

上野公園一帯には、この他に東京藝術大学大学美術館も

 13位、17位、18位、19位と、上野公園内に佇む美術館が4館も入っているのが目立つ。新興のアート拠点が六本木なら、上野は明治の頃から美術施設が置かれてきた伝統ある地。9位の東京都美術館も含め、一か所にこれほど多くの大型美術館が建ち並ぶのは、世界的にも稀だ。

「ル・コルビュジエの建築作品」として世界文化遺産に登録された国立西洋美術館
東京国立博物館の特別展「名作誕生」

 GWには各館、客足を見込んで充実の展示ラインアップを用意している。

 ここに名の挙がった美術館なら、どこを訪れても「ハズレ」はないと断言しておこう。

この記事の写真(12枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー