昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

毎週土曜夜をひっそりと賑やかしていた『タマフル』とは何だったのか?

『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』鼎談 #1(前編)

2018/06/16

ぶっちゃけ準備期間がそんなにあるほうじゃなかった

しまお パートナーのアナウンサーはもう決まったんでしたっけ?

古川 昨日100%確定しました。ランスルー中に確定しました。めちゃくちゃギリギリです。

 

しまお そうなんだ。私がブロスで書いた原稿の隣にアナウンサーの紹介が書いてあったけど、あれはじゃあアタリで書いてたのかな。

古川 100%確定ではなかったと思いますよ。ていうか、決まった翌日に「実は……」って言われてひっくり返る、みたいなのがずっと繰り返されてたらしいから。

宇多丸 それはこっちのせいじゃないんだよね?

古川 そう。こっちのせいじゃない。働き方改革とかでアナウンサーの労働時間を見直したり、なんかいろいろあったらしくて。こんなにギリギリになったのは前代未聞の事態だったそうです。

宇多丸 だから宇多丸NGとかそういうことじゃないんです!

古川 それは何度でも言ったほうがいい。

宇多丸 何度でも言います。口にするのもイヤな言葉ですけど。

しまお 「宇多丸NGじゃない!」

宇多丸 それもそうだし、ぶっちゃけ準備期間がそんなにあるほうじゃなかった。決まってから動き出すまでが。

しまお そうですよね。

古川 宇多丸さんに正式に話がいったのって、昨年(2017年)の年末ぐらいですか。

宇多丸 だからオレ、絶対誰かが断ったんだと思ってた。だって普通そう思うじゃん? こんなギリギリで来るやつ。「マキタスポーツさんに断られたんですか?」とかさ。

しまお ああ、分かる分かる。

宇多丸 TBSの人から「(帯番組を)やる気ありますか?」って聞かれて、「別になくはないですよ」って答えてから1年ぐらい経ってたから。こっちは「ああ、これはないんだ」と。「もう帯の話はないんだ」と思ってたから。だから「宇多丸さん、帯やりましょう」って言われて、「はあ?」って。「『許可局』*に断られたんですか?」みたいな。あとは、神田松之丞さん? しまおさんのお好きなFROGMANさんだって全然問題ないわけですから。(*TBSラジオで放送中の『東京ポッド許可局』。パーソナリティはマキタスポーツ、サンキュータツオ、プチ鹿島)

しまお (満面の笑みで)ねえ。

宇多丸 うれしそうに言うなよ!

しまお いや、あの湯加減は確かにいいんですよ。

 

宇多丸 そうそう。いやでも、湯加減って言いますけど、そんな、湯加減なんか、僕だって出しますよ。『キラキラ』*の時だって、別に穏やかな昼の番組の感じでやってたわ!(*TBSラジオで2009年~2012年に放送されていた『小島慶子 キラ☆キラ』。宇多丸は水曜パートナーを担当)

しまお 『キラキラ』は結構すぐ終わっちゃいましたもんね。

宇多丸 小島さんとオレがヒートアップしたとか、そういう部分だけが伝説化しちゃって。

古川 ちょっとピーキーな部分が記憶に残ってる感じね。確かにたまに変な回はあったし。

宇多丸 あと、たまに小島さんのかわりに他の女子アナさんが来た時とかに、毎回結構、「全然オレ、女子アナいいんじゃない?」みたいな。

古川 なんだよそれ。

宇多丸 「オレ、女子アナいいんじゃない?」って思ってたよ。

 

しまお 新番組の月~金、どういう割り振りなんですか? 

古川 オレがこの場で言っちゃっていいのか分からないけど、言いますね。月曜日が熊崎風斗さん、火曜日が宇垣美里さん、水曜日が日比麻音子さん。

しまお あれですね。『好奇心家族』*から来る人もいるんですね。(* 2017年秋~2018年3月にナイター休止枠で放送されていた『THE FROGMAN SHOW A.I.共存ラジオ 好奇心家族』。パーソナリティはアニメーション作家のFROGMAN。現在は金曜21:00~22:00『AI時代のラジオ 好奇心プラス』として放送中)

古川 そうですね。『好奇心』がそういった意味では結果的にテスト的な感じになったみたいですね。

しまお なるほど。

古川 で、木曜日が宇内梨沙さん。彼女は『好奇心』やってないですね。で、金曜日が山本匠晃くん。

しまお ああ、あの激しい人だ。

古川 このメンツでやります。

しまお 山本さんって、アンディ2世*みたいな人ですよね。(*元TBSの安東弘樹アナウンサー)

古川 そうですね。彼もちょっとピーキーな人です。