昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

毎週土曜夜をひっそりと賑やかしていた『タマフル』とは何だったのか?

『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』鼎談 #1(前編)

2018/06/16

違和感なんて、そんなものは10年もすれば慣れるから

宇多丸 ちなみに金曜日は、僕は途中で夜7時半ぐらいからゴソゴソしだして、完全に心ここにあらずの状態になり、8時前にはTBSを出ますから。で、金曜日の残りの1時間は誰かが何とかする、という。

しまお 途中からいなくなるんですか? 

宇多丸 途中からいなくなる。

しまお そんなのありなんですか? それは『バラダン』*のため?(*4月からTOKYO MX TV『バラいろダンディ』金曜日21:00~21:54に宇多丸がレギュラー生出演)
 

 

宇多丸 そうそう。だから毎週いろんな理由をつけて帰るってことですよね。でもまぁ、金曜だけ違う人がやる帯番組とかあるわけじゃない? そういうものだと思ってよ、っていう。

しまお でも1週目は大変そうですね。『バラダン』だって初回なわけでしょう?

宇多丸 そうですね。まあ、これはでも、しょうがない。やってみないと分からないし。段取りがゴチャゴチャするとか、別にそんなの慣れてるから気にしてないんだけど。やっぱり人対人の化学反応だけはね。こんなの正直、やってみないとなんとも言えないじゃん。

しまお それはラジオに対して?

宇多丸 ラジオに対して。『バラダン』は人も多いから、もうちょっと無責任な感じでいけるんだけど。

古川 今度の番組はがっつりフェイス・トゥ・フェイスでやりますからね。

しまお 皆さんとはもうお会いしてるんですか?

宇多丸 熊崎さんは『興味R』*でお会いしたけど、宇垣さんはTBSラジオがこないだやった代理店向けイベントっていう、普通のおじさん向けの説明会で、初の試みとしてライムスターがライブをやったんですよ。その時の司会が宇垣さんだった。その壇上で、「内定してるんですよね?」みたいな感じで話したのが最初。(*TBSラジオで2017年4月~2018年3月に放送していた『都市型生活情報ラジオ 興味R』。熊崎風斗アナウンサーがメインパーソナリティをつとめていた)

古川 そうそう。もう内定はしてた。というか、橋Pの中では候補としてはすごい前から決まってたみたいです。

宇多丸 ただ、山本さんもほとんど話したことないし。宇内さん、日比さんも会ったことない。熊崎さん、宇垣さんにしたって全然知らないですから。もうヤバいっす。何とも言えない。しょうがない。何がどうなろうとしょうがない。

しまお じゃあ、あんまり不安はない?

宇多丸 不安はなかったんですよ……。ついこの間まで。でもしまおさんの態度を見て、すごい不安になってきましたね。

古川 そうですよね。せっかく行くぞ!って決めてたのに……。

宇多丸 これがマジョリティの意見かと思ったら、すごい、なんか……。

古川 ストレートな不安を吐露されて……。

しまお あはははは。

古川 でもまあ、気持ちはわかるし。本音を言えば、宇多丸さんだってオレだってそうですよ。

宇多丸 だってそんなの、本人がそうなんだもん。違和感はありますよ。でも、そんなものは10年もすれば慣れるから。

古川 「10年もすれば慣れるから」!

宇多丸 だって、『ウィークエンド・シャッフル』だってそうだったじゃないですか。

古川 そうですよ。

 

しまお でも今度は毎日だからね。

宇多丸 そこですよ! ……あれ? 失敗したかな?

しまお だって、『タマフル』の×5倍っていうことでしょう?

宇多丸 単純計算ではね。でもそんなに頑張りませんよ。

古川 「希釈」っていうキーワードがありますから。

しまお まあでも、スーさん*も全然こなしてるもんな。(*コラムニストで作詞家のジェーン・スー。現在TBSラジオで平日11:00~13:00の帯番組『ジェーン・スー 生活は踊る』のパーソナリティを担当)

宇多丸 スーはでも、社会人経験もちゃんとあるし。

しまお そう。社会人としての意見みたいなのはすごくある人だから、そこがすごくいいですよね。リスナーの共感を呼ぶもん。

宇多丸 じゃあダメじゃないか、オレ。完全アウトローですよ。

しまお いやいや。でも、時間帯がまた違うから。

宇多丸 そうなんですよ! そこなんですよ。

古川 恒例の情緒不安定。

写真=末永裕樹/文藝春秋
(#1 後編へつづく)

この記事の写真(9枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー