昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/07/15

genre : ニュース, 社会

答え ✕ 通電火災の可能性があります。

 地震により停電が起こったあと、電気が復旧した時に起こる火災が「通電火災」です。地震の衝撃で破損した配線のショートや、水に浸かってしまったコンセントからの漏電、洋服などに埋もれてしまったアイロンや電気ストーブに通電して引火するなど、さまざまなケースがあるので、自宅だけでなく周辺の状況が確認できるまでブレーカーは上げないようにしましょう。

 また避難する際はブレーカーは落としておくことが大切です。

発災直後でなくとも起こる「通電火災」

 1995年の阪神淡路大震災では、発災直後に火災が発生していなかった地域でも、この通電火災が起こったケースが少なくありませんでした。実際に、地震による火災の過半数は電気が原因だというデータもあります。

 近年は地震の揺れを感知すると自動的に電源が落ちる「感震ブレーカー」も普及しています。ご自宅のブレーカーがどのタイプか、一度確認しておくことをおすすめします。