昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

高木ブー 85歳 今だから語る「長さんは僕にだけ、愚痴をこぼした」

「ドリフターズ現役最長老」高木ブー・インタビュー#1

2018/07/29

genre : エンタメ, 芸能

サザンの桑田が入ってたかもしれない

―― 高木さんは、ドリフを辞めたいって思ったことはあるんですか?

高木 ないです、ないです。すわ親治には申し訳ないけど(笑)。

―― 幻のメンバーですね(笑)。最近のテレビ番組で、加藤さんが「長さんは豊岡豊って人を入れようとしてた」と証言されていましたが……。

高木 ええ、知ってましたよ。ドリフは営業の仕事もいっぱいしてたんだけど、5人じゃできないんですよ。いつも後ろにフルバンドがつくんです。それが、「豊岡豊とスイング・フェイス」ってバンド。お笑いが好きな人で、ジョーク豊岡とか言ってましたね。

 

―― なるほど、一緒に活動してたんですね。いかりやさんとは同年代の方ですか?

高木 そうそう。荒井注がいなくなってからは、タクシーに分乗するとき、僕が前に乗って、後ろにいかりやさんと豊岡が座るの。僕はいつも年寄り組だから。

―― 豊岡さんが入っていたら、全然違ってたでしょうね。

高木 そうだね。ずっと後になるけど、サザンの桑田が入ってたかもしれないし。

―― 桑田佳祐さんのことは、いかりやさんが目をつけてたと聞いたことがあるんですが、本当だったんですか。

高木 桑田が入ったら、まただいぶ違っただろうなあ。

加トケンの動きっていうのは、ちょっと大変なもんだよね

―― ドリフ加入後の志村さんは、どんどん人気者になっていきますが、高木さんはどんな風に見ていましたか?

 

高木 それはまあ、しょうがないよ。これは年齢の違いもあるんだろうけど、加藤に対する志村のツッコミ、あの呼吸には僕ら、かなわないもんな。今の漫才の人たちは動きができないけど、加トケンの動きっていうのは、ちょっと大変なもんだよね。

―― 『全員集合』終了後、いかりやさんは俳優としても活躍されます。

高木 僕は長さんの新しい才能を買ってましたし、応援してました。だけど、写真を見て分かる通り、『全員集合』のころとドラマに出たときじゃあ、顔が全然違う。昔の顔じゃドラマに出られないよねえ(笑)。これからもっと演じてるところを見たいなって時だったよね、長さんが亡くなったのは。