昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

杉田水脈に「正論ですよ」 ドラクエ作曲家「愛国発言」を振り返る

憲法9条の間違いは「ドラクエV」でわかる?

2018/08/05

「生産性」発言の杉田水脈に「正論ですよ」

 今回このような発言を取り上げたのは、ほかでもない。自民党の杉田水脈衆院議員の「生産性」発言(『新潮45』2018年8月号)に関連して、保守論客としてのすぎやまの存在にあらためて注目が集まっているからだ。

 2015年6月に公開された「チャンネル桜」の番組で、当時落選中だった杉田は、「生産性がない同性愛の人達に皆さんの税金を使って支援をする。どこにそういう大義名分があるんですか」などの発言を行った。現在この番組にも焦点があたっているが、このときのホスト役が中山恭子と、ほかならぬすぎやまだったのである。

杉田水脈 ©AFLO

 すぎやまは「男性からは言いにくいことをガンガン言っていただくのはありがたいですね」「正論ですよ」などと、番組内で杉田に好意的だった。もしかすると彼女も「日本軍」のメンバーなのかもしれない。

 それはともかく、すぎやまはもともと「愛国者」であると公言していて、「(大東亜戦争は)決して間違っていなかった」「あの大東亜戦争がなかったら、これほど次々とアジアの人々が独立を果たせなかったかもしれない」「東京裁判なんていうものは、裁判でなく殆どリンチ」(前掲講演録)、「『従軍慰安婦』についてはまったく納得できません。当時の政府と軍部は、慰安婦になることを強制してはならないという姿勢でした」(『日本文明の肖像Ⅰ』、展転社)などの発言を積極的に行ってきた。

 それなのに、いまだに「ドラクエの作曲者がなんでこんなことを」などと反応するのはいささか認識不足だし、なにより本人に失礼だろう。戦争や歴史が話題になりやすい8月でもある。ここでその「愛国」発言の数々を明らかにしておきたい。

「朝日新聞の購読者を一人でも減らす」

 「日本には所謂、反日軍御用達みたいな新聞があったりします。その本社の中に、人民日報日本支社などが入っている。そういう新聞社があると言っただけでここにいらっしゃる皆さんは『ああ、あの新聞だな』とお分かりでしょうが」(前掲講演録)

「あの新聞」は名指しされていないが、続く箇所を読むと、どうやら朝日新聞のことらしい(築地に「人民日報日本支社」なるものはないはずだが)。

©iStock.com

 歴史認識で相容れないメディアへの批判は激しい。とくに朝日に対するそれは苛烈だ。同じ講演で、すぎやまはこんなこともいっている。

「我々に出来る事は、やはり朝日新聞の購読者を一人でも減らす、少しでも他の新聞に変えて貰うという事です」

 そしてすぎやまは、「知り合いの有名なフランス料理のシェフ」にたいし、

「一カ月だけでも朝日新聞を止めて他の新聞、取り敢えず産経新聞に変えてみてよ」

 と持ちかけ、じっさいに産経新聞の購読者とすることに成功したという。なんという愛読者の鑑。フジサンケイグループは、彼にこそ正論大賞をあげたほうがいいかもしれない。