昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/09/02

genre : エンタメ, 芸能

体操コントの前には、1時間くらい準備運動した

―― ちなみに体操コントの前には、ちゃんと準備運動するんですか?

仲本 もちろんやりますよ。当日はみんなに集まってもらって、昼の12時から1時間くらい準備運動をしました。僕が一番気をつけたのは、タレントさんに絶対ケガさせちゃいけないってこと。だから無理させないようにして、このタレントさんなら、ここまでできるなって想像しながらコントを作りました。でも、それ以上にやってくれる人もいましたね。西城秀樹君とか、にしきのあきら君とか、運動神経が抜群だから。彼らは現場にきて、こっちが「えっ、大丈夫」って思うようなこともやってくれました。

 

―― 10代のころにやってた体操が、意外なところで役に立ちましたね。

仲本 いや本当にね。人生というのは、やりたいことができなくなった時が出発点だと思う。ずっと体操をやってきたけど、大学に体操部がなくて音楽に走った。それでドリフに入ったら、今度は音楽ができなくなって、コントをやるようになった。だからこそ思うんだけど、やりたいことはやれる時にやっといた方がいい。僕の体操コントみたいに、いつか昔の自分と今の自分が組み合わさって、活かせるときがくるからさ。

―― それが仲本さんのポジションの一つになったんですね。

仲本 そうですね。俳優の仕事にしたってさ、全体を見回して出演者の中で自分のできることを見つけるんですよ。1回稽古すると、相手役の演技がわかるからね。相手が早口だったら遅く言うとか、違う言い回しをしたりしてね。そうやってるうちに、自分のポジションもおのずと決まってくるんです。

 

まあ、どんなコントをやっても平気だろうね、これからも

―― 昨年、ドリフの4人で久しぶりにコントをされてましたよね。

仲本 やりましたね。やっぱり楽しいですよ。ツッコんだりするお互いの呼吸は分かってるから、余計に楽しい。これからも年に何回かやりたいな。

―― 高木さんも「4人で昔のネタをやりたいね」っておっしゃってました。

仲本 ほんと? 珍しいねぇ(笑)。まあ、どんなコントをやっても平気だろうね。そのときの感覚は覚えてるからさ。

 

―― これからの夢って何でしょうか?

仲本 僕ももう77歳だからさ、芝居にコントに音楽、好きなことやって暮らしたいですよ。一つだけ夢と言えば、本を書きたいですね。これまで仕事をしてきた中で、たくさんの素晴らしい人に出会ったから、その人たちのことを書いておきたい。

 

―― ドリフメンバーを含め、さまざまな出会いから得た仲本さんの人生訓って何でしょうか。

仲本 ヘタに流れに逆らわないで、身を委ねるってことかな。このお店だって、今のカミさんとやっているわけだけど、夫婦だって流れに身を任せ合うような関係なんじゃない? なるようにしかならないもので、お互いに何かを強要したり、求めてもストレスになるばっかりだと思うよ。だから、人生って無理せず自然でいいんですよ。自分の立ち位置ってものもそうだよ。人との出会いを大事にして、流れに身をまかせていれば、きっといい巡りあわせがあるんじゃないかな。

東京・緑ヶ丘にある「仲本家 JUNKAの台所」にて

なかもと・こうじ/1941年東京生まれ。東京都立青山高校では俳優の橋爪功と同級生、2年上には柳家小三治がいた。学習院大学在学中から音楽活動を始め、のちにザ・ドリフターズに参加。現在は俳優としても活躍するほか、東京・緑ヶ丘で「仲本家 JUNKAの台所」を経営している。

写真=鈴木七絵/文藝春秋 

この記事の写真(15枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー