昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/10/30

genre : ライフ, グルメ

「ゲソ天そば」は北海道旭川で人気化した

「ゲソ天そば」は、一説には北海道旭川の大衆そば屋で人気化したそうで、いまでも主にヤリイカを使った「ゲソ天丼」や「ゲソ天そば」が旭川では人気である。首都圏では、須田町や中延でおなじみの「六文そば」、日暮里の「一由そば」、小伝馬町「田そば」でも人気となっている。「一由そば」では主にムラサキイカを使い、解凍したイカゲソをブツ切りにして生のまま揚げてゲソ天を作っているが、「鈴家」ではいったん湯通ししてから、ゲソを切って揚げるスタイルで独自の調理法である。大将いわく「揚げて硬くならないようにする」工夫だそうだ。

 そうは言っても、全部食べると結構あごが疲れるのは確かだ。それでもこのゲソ天の旨さの虜になって、途中下車して食べに来る人も多いという。

「鈴家」のつゆは、関西風の「海(潮)のつゆ」などと人気に

関西風で絶品のつゆ

「鈴家」のつゆは、鰹節、サバ節で出汁をとり、薄口醤油とザラメなどを合わせてつくった透き通った関西風のつゆである。「海(潮)のつゆ」などとマニアからは呼ばれている絶品のつゆ。ひと口飲むとふくよかな旨さが広がる。

 そばは近隣の製麺所のゆで麺を使用しているが、コシもありなかなかバランスがよい。どんぶり一面の「ゲソ天」をかじりながら、そばを食べる醍醐味。大将と話をしながら食べていたら、あっという間になくなってしまった。

 そこで、ゲソ天の次に人気だというソーセージ天をトッピングした「ソーセージ天+ナス天+冷やしそば」(530円)を追加で注文してみた。またまた1分で着丼だ。こちらもたっぷりのねぎに、海苔も載っている。

天ぷらはゲソ天がダントツ人気だが、ソーセージ天、かきあげ天も続く
「ソーセージ天+ナス天+冷やしそば」(530円)、冷やしのつゆの旨さはまた格別

「ソーセージ天」と冷やしのつゆも格別

「ソーセージ天」は柳家喬太郎師匠の枕「コロッケそば」の中でおなじみの、「バルタン星人がウルトラマンに切られる方法」(横ではなく縦に切るという意味)で切って鞍掛けにして揚げたタイプである。揚げ具合が程よく、揚げ置きでも十分にうまい。そして、何よりも、冷やしのつゆの旨さといったら格別である。温かいつゆより、出汁のうま味がじわっと前面に出て来ており、まさに「海(潮)のつゆ」の真骨頂である。

 2つの丼に残ったつゆを交互に飲んでその違いやつゆの余韻を味わっていると、年配のご夫婦が来店して、相談しながら「ゲソ天そば」を注文して食べ始めた。ご主人がかつてよく来店していて、そんな思い出の店を奥様に紹介したかったのだろう。大衆の良店ではよく見かけるほっこりする光景である。

 NHKのニュースでも、昨年、イカの高騰が話題になり、「鈴家」もその中で取り上げられていたのだが、今年はさらに不漁でイカの値段は高止まりしたままで大変だそうだ。しかし、「鈴家」の大将は、この値段で、このままの味でがんばりたいという。再訪したい店である。

INFORMATION

鈴家
千葉県市川市市川南1-1-1 ザタワーズイースト 2F
営業時間 7:30〜24:00
定休日 不定休

 

この記事の写真(8枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー