昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/12/08

断れば仕事がやりづらくなるのは明白

 でも、「普通の」上司や目上の人から「連絡先、教えといて」と言われて「いや、無理です」と断れる人はなかなかいないのではないでしょうか。基本的にこちら側が「仕事関係の人とはプライベートでやりとりをしたくない」というスタンスだとしても。断ったあとで気まずくなったり、仕事がやりづらくなったりするのは明白ですし、社会経験の少ない若い女性なら、なおのこと断りづらいと思います。

©iStock.com

 中には、それを分かっていて巧妙な手口で連絡先を聞き出そうとするおじさんもいます。以前勤めていた会社の昼休憩で、1人で休憩室にいた私に近づいてきた上司(45歳男性・既婚者子持ち)が、おもむろに「映画好き? GE●でDVD借りたりする? するよね? GE●のアプリって、お得なクーポンとかあるし、ゲームで遊んでポイント稼げたりするから絶対ダウンロードした方がいいよ」と早口で話し始めました。よくわからなかったので「そうですか! 今度ダウンロードしときますね!」と笑顔で切り抜けようとしたのですが、今度は私の座っている席の隣に座り、「ダウンロード終わった? まだ途中? 終わったら教えてね」と言い始めました。

教えるまでその場を退かない構え

 休憩時間が終わるまであと40分。隣に居座り続けられるのも窮屈だったので仕方なくアプリをダウンロードした私に対して、上司は「よし、じゃあ俺が貯めたポイントをLINEであげることもできるから、LINEの連絡先教えといて!」と言ったのでした。

「あ~~~~しまったそういうことか~~~~~~~~~」と思いましたが、私は職場の人とプライベートで連絡をやりとりするのが苦手だったので「近所にGE●ないのであんまり行かないと思いますし……」とか適当に言い訳をしたのですが、「うん、でもとりあえず教えといてよ。LINEはやってるでしょ?」の一点張りで、教えるまでその場を退かない構えだったため(ちなみに上司は休憩時間外。早く仕事戻れよ)、仕方なく連絡先を教えたのでした。毎日顔を合わせる同じ部署の上司なので断りづらいですし、2人きりの状態で聞かれるとなかなか切り抜けられないんですよね……。

 この上司に対しては最初、特に嫌悪感など持っておらず「よく声をかけてくれる親切な人だなぁ」とむしろ好感を持っていたくらいなのですが、連絡先を教えてからは2~3日に1度のペースで、休日や平日を問わずプライベートな連絡が来るようになりました。

©iStock.com

「なんか最近しんどそうじゃない? 近いうち、飲みに行こうよ! 女の子を連れて行けるくらいの、おしゃれなお店見つけたからさ(^_^)v(笑)」「飲み、いつ行ける? お前1人分くらいならご馳走できるから、甘えていいよ(笑)」「今日みんなでさ、『この部署で誰が一番オシャレな男か』って話してたんだけど、お前はどう思う? ちなみに、俺も候補に入ってるよ(笑)」とか、死ぬほどどうでもいい連絡が相次いだんですよね。