昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

なぜ島田紳助がリスペクト? 国際政治学者・高坂正堯の意外な一面

佐藤栄作ノーベル賞工作にも一役買った“学者”の素顔

2018/12/09

島田紳助のリスペクト

 田原総一朗氏や島田紳助氏という個性的な「サンデープロジェクト」の司会者は、高坂先生をどうみていたのであろうか。2人とも『高坂正堯著作集』の月報に寄稿している。

 田原氏は高坂先生について、「皆が全体像を見失ってしまうような時に、ビシッと問題の本筋を指摘して下さった、我々にとって、羅針盤のような存在であった」、「未だに高坂さんに代わる学者のコメンテーターを見つけることができないでいる」と記す。

 島田氏は、「ほんとうに頭のいい人は、頭の悪い人(私)に、わかるように説明できるひとだと、つくづく思いました」、「私がなんの学歴もない不良少年なのに、一人の人間として認めていただいたこと、ほんとうに感謝しております」と綴る。いずれも本心だろう。

島田紳助 ©︎文藝春秋

 島田氏によると、「温厚そうな高坂先生ですが、車が大好きで、運転は荒いとご自分で自慢しておられましたし、一度鈴鹿にF1を見に行くと決まっていたのに、サンデープロジェクトの出演を依頼され、F1を諦めきれず、本番後、ヘリコプターに乗って鈴鹿に行かれたことがありました」という。

 高坂先生が出演されていた時代のテレビには、学者に対するリスペクトが残っていた。高坂先生が学界だけでなく、テレビでも活躍していたころがなつかしく思えてしまう。

高坂正堯―戦後日本と現実主義 (中公新書)

服部 龍二(著)

中央公論新社
2018年10月19日 発売

購入する

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー