週刊文春 電子版

「藤井二冠の“弱点”?」|杉本昌隆

師匠はつらいよ 第17回

杉本 昌隆

連載

ライフ ライフスタイル

 ストレート防衛を期待するべきか名古屋対局を待ち望むべきか、それが問題だ。

 藤井聡太二冠の防衛で幕を閉じた第92期棋聖戦。第3局の形勢が揺れ動いていたとき、名古屋・万松寺での第4局開催を待つ地元ファンの心も揺れていたはず。まるでハムレットのようだったことだろう。

 とはいえ現役最強・渡辺明名人相手に1勝でも返されるとシリーズの流れまでが変わる恐れがある。3連勝の防衛は藤井二冠自身はもちろん、ファンも安堵したシリーズであったはずだ。

 本来ならそこで終わりの棋聖戦。しかし第4局開催予定日の前日、万松寺の全面協力を得て、大盤解説予定地の大ホールで藤井二冠の防衛祝賀会が行われた。

 幅約100メートルの広い会場に約400人の将棋ファン。正式な就位式とは別の、藤井二冠の地元ならではの盛大な祝賀会であった。

 進行司会は中京圏で活躍する講談師・旭堂鱗林さん、将棋連盟の理事挨拶は私。地元色が濃いが、ゲストも豪華である。将棋好き芸人・サバンナの高橋茂雄さんと第4局の立会人だった先崎学九段。藤井二冠との3人トークショーは祝賀会の目玉で大いに盛り上がった。

 対局中でない藤井二冠の表情は非常に朗らか。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年8月5日号

文春リークス
閉じる