週刊文春 電子版

「コロナ禍と将棋界」|杉本昌隆

師匠はつらいよ 第25回

杉本 昌隆
ライフ ライフスタイル

 先日、やっと2回目のコロナワクチン接種を済ませることができた。

 私の住む名古屋市から予約のクーポンが届いたのが7月中旬。早速ネットから手続きをするが、画面上には予約不可の×印しか見あたらない。予約可能会場を探し出すまで非常に苦労したものだ。

「ネット予約が難しい。電話も繋がらない」

 高齢者向けの接種が始った4月頃、こんな記事をよく見かけた。他人事のように読んでいたが、いざ自分がやってみるとその通りだったなあ。

 現在、国内のワクチン2回接種率は約6割。この件では私は「いずれ打つなら早く打ちたい」タイプだが、知り合いには「ギリギリまで様子を見てから」という人も少なからずいた。メリットとリスク、ここに明確な正解などない気がする。

 さて2回の接種を終えた私には一種の達成感があった。気持ちよく寝床に入る。さぞ明日の目覚めは爽やかなことだろう……。

 迎えた翌日。朝はまだましだったが、きっちり24時間後に熱が38度7分まで上がる。爽やかな目覚めはどこへやら、頭痛と吐き気に襲われ丸一日寝込んだのであった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年10月21日号

文春リークス
閉じる