週刊文春 電子版

最高の誕生日|杉本昌隆

師匠はつらいよ 第32回

杉本 昌隆
ライフ ライフスタイル

 さる11月13日は私と妻の誕生日だった……と書くと妙に思われるかも知れない。実は私、年齢こそ離れているものの妻と誕生日が同じなのだ。

 これの良いところは、妻の誕生日を決して忘れないことだ。

「もうすぐ君の誕生日だね。大事な日だから覚えているに決まっているじゃないか。ハッハッハ」

 若かりし日、臆面もなくこう言っていたような……。月日が経つと誕生日の特別感も薄まり、クリスマス程度に格下げされる。

「おめでとう、自分のプレゼント要らないから君の分も無しね」

 ああ我ながらひどい。それでも何とかやっていけているのは妻のおかげである。

 さて、私たち棋士にとって誕生日とはほろ苦く、ときに辛い記憶が蘇るものだ。それは修業時代、頭にのし掛かっていた「年齢制限」を思い出すからである。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年12月9日号

文春リークス
閉じる