週刊文春 電子版

ボギー! 俺も男だ|みうらじゅん

人生エロエロ 第463回

みうら じゅん
エンタメ 芸能

 人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた。

 ふだん行きつけない、ハードボイルド小説に出てきそうなバーに入った。

 既にそこは2軒目で、友人と勢いで扉を開けてしまったというのが正直なところだ。

 薄暗い店内はそれらしいムーディなジャズが流れてた。カウンター席以外にも2、3のテーブルが並んでいて、僕らは気兼ねもあってそちらに腰掛けた。

 と、いうのは、カウンター席の隅にこれまたハードボイルドな服装を決めた老人がぽつんと座っていたからである。

 往年の映画俳優、ハンフリー・ボガートを踏襲されているのだろうか。客は僕らとそのボガートだけだった。

 1軒目との落差が余りにも激しくて、しばらく落ち着かなかったが、友人が一度飲んでみたかったというシングルモルトって酒を注文し、僕もそれに従った。

「どう? 最近」

 ちっとも会話は弾まなかった。

「いや、だから50も過ぎると体調悪いが当り前」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年12月16日号

文春リークス
閉じる