週刊文春 電子版

次に新しい事業をゼロから立ち上げるなら|三木谷浩史

三木谷浩史「未来」 第24回

三木谷 浩史
ビジネス 社会 経済 企業 働き方

「次に新しい事業をゼロから立ち上げるとしたら、何を考えているんでしょうか?」

 創業当初から続けている週に一度月曜の朝の楽天グループ全体会議「朝会」。グループの各事業の進捗や今後の目標、様々な研究成果が共有されるミーティングの場で、9月末、一人の社員からこんな質問を受けた。

 この直球の質問に対する僕の回答の一つが、「環境・エネルギー」というテーマだ。

 楽天でのエネルギー関連事業と言えば、まだ「楽天でんき」くらいだし、何か具体的なビジネスプランを構想しているわけではない。けれど、世界、そして日本の「未来」を見据えた時、再生エネルギーをいかに普及させていくか、あるいは、発電・送電・小売の分離をどう加速していくか――こうしたことは、避けては通れない極めて重要な問題だ。

 折しも世界的にエネルギー価格が高騰し、電気代などに大きな影響が出ている今、僕がエネルギー政策について考えていることを書いていきたい。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年12月16日号

文春リークス
閉じる