週刊文春 電子版

「お年玉」問題|杉本昌隆

師匠はつらいよ 第36回

杉本 昌隆
ライフ ライフスタイル

 2022年が始まった。今年も本エッセーを宜しくお願い致します。

 新年といえば何となく立ててしまうのが1年の目標。私は昨年、学生向けのコラムで「(将棋以外の)本を100冊読む」という目標を掲げたが、結果は半分にも満たなかった。あ、文春は毎週読んだぞ。合わせて達成ということにしよう……。

 ちなみに(このエッセーを書いているのはまだ年末だ)2022年の目標は現時点では未定である。

 本誌発売は6日。ちょうど仕事初めの方も多いことだろう。私たち棋士の仕事初めは公式戦だが、将棋連盟の新年の行事に1月5日の「指し初め式」がある。

 1年間の幸福や健闘を祈念し、一局の将棋を棋士や関係者らが一手ずつ指し継いでいく伝統行事。つまりみんなで交代で指すリレー将棋のようなものである。

 指し手に制約はないが、やはりお正月なので、勝敗が決するまで指さないことが暗黙の了解である。

 なおこの指し初め式は東西で少しやり方が違い、東京は一つの将棋盤で一手ずつ、関西は沢山の盤を使って数手ずつ指す。同時に多人数が指せる関西は効率的だが、それ故にちょっとしたハプニング? もある。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年1月13日号

文春リークス
閉じる