週刊文春 電子版

棋士にとっての「成人」|杉本昌隆

師匠はつらいよ 第37回

杉本 昌隆

連載

ライフ ライフスタイル

 1月10日は成人式であった。スーツや晴れ着姿の新成人達。夢と希望に満ちた表情が目に浮かぶ。

 私の地域の小学校では、小学4年生(10歳)の授業で「2分の1成人式」なるものがある。将来どんな大人になりたいか、子ども達が授業参観日にそれを発表するのだ。子ども本人より保護者に感慨がありそうなイベントである。

 そういえば成人の年齢は今年の4月から18歳に引き下げられるらしい。世界的な標準がそうなのだとか。とはいえ、成人式も18歳からだと高校3年生の新成人(書いていても違和感がある)は受験シーズンまっただ中である。

 来年は18歳から20歳までの合同成人式となると、調整も大変だ。おまけだが、前述の2分の1成人式は小学3年の9歳になるのか? 色々と気になるのである。

 私の予想は成人年齢が18歳、成人式はしばらく20歳のままだが、はたしてどうなるだろうか。

 私たち将棋の世界では、20歳は修業中の身である事も多い。私の20歳は奨励会三段。希望に満ちた若者……では一応あったが、三段で2年ほど足踏みをしており(自分は本当に棋士になれるのか?)と焦り始めた時期でもあった。

 地元の成人式に顔を出し、偶然会った昔の同級生に何気なく言われた。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年1月20日号

文春リークス
閉じる