週刊文春 電子版

原 辰徳(読売巨人軍監督)「(次期監督は)フラットな中で必ず出てくる。また出てこないとダメなんです」|鷲田康

野球の言葉学 第601回

鷲田 康
エンタメ スポーツ

 昨年末に新たな3年契約を結んだ、巨人・原辰徳監督(63)にインタビューをする機会があった。そこでどうしても聞きたかったのが、自身の後継問題である。

来季の日本一奪回へ向け新外国人投手を獲得した

 もちろん大本命は2020年から2軍監督を務め、昨季終盤に1軍に呼ばれた阿部慎之助作戦兼ディフェンスチーフコーチ(42)のはずだった。ところが原監督の口からは、意外な答えが返ってきたのである。

「後継者は(3年間で)必ず出てくると思うし、出てこなくちゃいけないと思います。それが慎之助なのか、あるいは元木(大介ヘッド兼オフェンスチーフコーチ、50)なのか、あるいは桑田(真澄投手チーフコーチ、53)なのか……」

 さらには二岡智宏二軍監督(45)、駒田徳広3軍監督(59)に川相昌弘ファーム総監督(57)を加えた6人の“監督候補”を挙げて、いまは全く白紙だと強調したのだった。

 もちろん実際は本命・阿部に元木、桑田の三人のチーフコーチを軸に後任問題は進展していくはずである。

 その中であえて言うなら、評価が急激に上がっているのが元木ヘッドだ。コーチとしては、テレビで見せていたあのおバカキャラからは想像できない目配りで、狡い野球ができる指導者になっている。ベンチでの状況判断や指示の的確さに、選手から「元木さんは凄い」と聞くことも多い。

 そこに原監督自らが引っ張ってきた、桑田コーチが加わった三つ巴というのが後継レースの現状だ。一方でもう一人、根強く親会社の読売新聞本社内に監督復帰待望論があるのが、高橋由伸前監督(46)である。

「高橋前監督は前回、本社がムリやりユニフォームを脱がせて、監督にした経緯がある。何より松井秀喜さんが巨人を去った後も、巨人一筋で選手生活を送ってきたことへの、読売上層部、特に渡邉恒雄主筆の評価は高い。前回は3年間の監督生活で1度も優勝できませんでしたが、1度ユニフォームを脱いで勉強した2度目は、結果も変わるのではという声が根強くありますね」(読売関係者)

本社主導なら……

 実は18年オフの原監督の3度目の監督就任の際に、退任直後の高橋前監督にヘッドコーチでの入閣を要請した経緯がある。もし今回も原監督の任期中のどこかで入閣すれば、いきなり大本命に浮上してくる。また今後の3年間の原監督の成績次第で、本社主導の監督人事となれば、やはり最有力候補となるだろう。

現在は巨人の特別顧問を務める高橋前監督

 ただ原監督自身は、15年オフの高橋前監督への交代劇の反省も踏まえて、後継育成への思いをこう語る。

「次が由伸と聞いていれば、自分の持てるものは全て彼に伝えていた。だから今度は次が誰であれ、自分の監督としての経験や考え方を伝えたい。それをどう膨らませていくかは本人次第で、それを膨らませられる人物こそが、監督候補になるのではないか」

 もちろん結果を出して禅譲となれば、後任人事に影響力も残るはずだ。ただその時にも、自然に次はこの人と世間が納得する空気がなければならないという。逆にいえばこの3年間で、意中の人物が次の監督候補というムードをどう作り上げていけるかが、後継問題のカギとなるのだろう。

「(次期監督は)フラットな中で必ず出てくる。また出てこないとダメなんです」

 後継問題の行く末に関する原監督の言葉学だ。

 お眼鏡にかなうのは三人の有力候補の誰なのか? それとも大穴が出現するのか。“ポスト原”は混沌としそうである。

source : 週刊文春 2022年1月13日号

文春リークス
閉じる