週刊文春 電子版

年末年始にスキーをしながら考えたこと|三木谷浩史

三木谷浩史「未来」 第26回

三木谷 浩史
ビジネス 社会 政治 企業

 毎年、年末から新年にかけての休みは、家族と一緒に群馬県でスキーをして過ごしている。

 スキーは高校生の頃からやっていたのだけれど、本格的に始めたのはこの10年ほどのこと。プロの指導も受けてトレーニングを積んだ甲斐もあって、かなり自由に滑ることができるようになった。

 僕がスキーというスポーツを好きなのは、自分の性格に合っている気がするからだ。

 スキー場でダウンヒルを滑っていると、刻々と変化していく雪面の状況に対応しながら、どれだけのリスクを取るかを瞬時に判断していかなければならない。そんな中、様々な形のコブや斜面を克服していく瞬間には、新しい事業に取り組む時にも似たチャレンジ精神が湧く。何より雪の中を滑っているのは単純に気持ちいい。滑り終わった時は気分がとても落ち着いて、心からリフレッシュされたように感じる。

 ただ、こうした休暇中も、頭の中から「仕事」のことが消えるわけではない。楽天を起業して以来、「休んでいる」「働いている」といった感覚は自分の中からなくなった。

 仕事をしていても遊んでいるような気がする時もあるし、逆に休んでいても「これはビジネスになるかな」「こういうところにAIを活用したらどうだろう」と、目の前の光景を仕事につなげる発想が癖になってしまっている。楽天が2万7000人以上の社員を擁するようになった今は、大っぴらに「仕事も遊びみたいなものだ」と言うことはできないけれど、その感覚は自分の原動力の一つであり続けている。

A4の紙を用意して

 それに、年末年始の休暇は、僕にとって、ビジネスにおける「根源的な価値」の創造をじっくりと考える大切な時間でもある。ビジネスにおける「根源的な価値」とは何か。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年1月13日号

文春リークス
閉じる