週刊文春 電子版

芸人を引き寄せる光

「笑い神 M-1、その純情と狂気」第17回——“出ざるを得ない”。M-1は芸人にとってそのような大会になった。

中村 計

連載

エンタメ 芸能

 黒いニット帽を目深にかぶり、黒のダウンジャケットも着たまま。麒麟の川島明は、手狭なホテルのシングルベッドに腰をかけ、ただ、黙っている――。

「M-1史上に残る名シーンのうちの一つですよね」

 そう話すのは、この前年、2007年から総合演出を務めていた朝日放送(ABC)の田中和也だ。

 田中が挙げたシーンはDVD『M-1グランプリ2008』のDISC.2に収録された密着ドキュメントの中にあった。田中が解説する。

「担当ディレクターがホテルまでついて行って、川島君は、ホテルで準決勝敗退の知らせを受けたのかな。2、30分、無言だったらしいですよ。ラストイヤーやったんでね。ディレクターも、何もしゃべりかけられんかったって」

 相方の田村裕の映像も残っている。路上で受けた電話で結果を知り、ガックリとうなだれた。電話をくれた相手に決勝進出者を尋ね、電話を切るなり「そうかぁ……NON STYLE通ったか」とつぶやいた。

 NON STYLEが初めて決勝に進出した08年は、勝者の光彩と敗者の陰影のコントラストがもっとも色濃く浮かび上がった年でもあった。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月17日号

文春リークス
閉じる