週刊文春 電子版

“間”を味わった二人

「笑い神 M-1、その純情と狂気」第19回——笑いの世界観が違うコンビが生み出した漫才は、常識を外れていた。

中村 計
エンタメ 芸能

「何でだよ!」

 スリムクラブのツッコミを担う内間(うちま)政成は、やや切れ気味にツッコんだ。ステージ上、コントの最中のことだ。内間のツッコミで、せっかくボケで起きた笑いがすっと引く。そんなことが何度か繰り返された。

スリムクラブの真栄田賢(左)、内間政成(写真 産経新聞)

 負のループに業を煮やしたボケ役の真栄田(まえだ)賢は、左側にいた内間の肩を右手で強くつかんだ。身長183センチでいかにも屈強そうな真栄田の声は喉を潰したミュージシャンのように嗄れている。

「もういい! ツッコまなくていい! 何もしなくていいから」

 内間も身長180センチと長身だが、真栄田とは対照的にいかにも頼りなげで、ひょろりとしている。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月31日号

文春リークス
閉じる