週刊文春 電子版

自分なりの幸せ、一体どこにある?|宇垣美里

宇垣総裁のマンガ党宣言! 第69回

宇垣 美里
エンタメ 芸能 読書

 人によって世界の見え方が全然違うのだなあとつくづく思う。感心すらすることもある。私にとって高圧的で男尊女卑的な香りのぷんぷんする先輩が、男友達にとっては不器用だけど面倒見のいい兄貴分だったり、よく気の利く穏やかな物腰の同僚がパートナーのために育休を取ったことを、上司が情けないと内心苦々しく思っていたことを知ったり。どうしてそうなる!?と驚くことばかり。だからさあ、みんな『こっち向いてよ向井くん』を読んで、一回膝突き合わせて間違い合わせ、しませんか?

 実家暮らしの会社員である向井くんは、学生時代からの恋人・美和子に「守ってあげたい」と囁いたところ、「守るって一体何から?」と詰められてフラれてしまう。それから10年、美和子への未練を引きずって恋はお休み。彼女はずっといないまま、気づけば35歳になっていた。新しく職場に派遣されてきた中谷さんと会話を重ねていくうちに、なんだかいい雰囲気を感じ、ようやくやってきた恋の予感に胸をときめかせるのだが……。

 向井くんは優しくてスマートで一見モテそうなのに、読めば読むほどその絶妙に考えの足りない部分や、分かってなさが露(あらわ)に。苦笑いを越えてふつふつと湧いてくる共感性羞恥に、なんだか顔を覆いながら叫びだしたくなった。この漫画、当該年齢の男性たちはどんな気持ちで読んでいるのだろうか。ホラーかな? 社会人の恋愛に無駄な駆け引きはいらない。ストレートに好意を伝えてその先に進めるか反応を見るべきだし、受け身のままでお付き合いに発展するのはよほどの恋愛エリートのみなのだよ……と遠い目をしたところで、私も同様に、男心を分かっていないのかもしれないと、はたと気がついた。

 話が進むにつれ、向井くんだけではない、既婚者の妹や婚活に疲れた数年前のワンナイト相手、結婚を望まない恋愛を楽しむ女友達など、それぞれの女性側の内面も明かされ、その恐ろしいまでのリアリティと他人事じゃなさに胸をぐりぐり抉(えぐ)られる。

 慣れない恋愛に翻弄されながらも、基本的に善人である向井くんには幸せになって欲しい。いやでも待て、幸せって、何だ? 様々な価値観や生き方が肯定されている現代において、人に向かって「結婚しなよ〜」なんて口が裂けても言えない。けれど対自分となると、どうしてもここまでの人生で刷り込まれて内面化してしまった幸せの像がある。恋愛しなくても、一人でも、幸せになれることは分かっている、でも……決められていない膨大な選択肢の中から自分なりの幸せを選ぶのって、すごく難しい。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月31日号

文春リークス
閉じる