週刊文春 電子版

不思議な関係、かけがえのない絆|宇垣美里

宇垣総裁のマンガ党宣言! 第76回

宇垣 美里

連載

エンタメ 芸能 読書

 同性婚を認めていない現行法は合憲という判決が大阪地裁によってなされた。曰く、婚姻とは男女が子を産み育てながら共同生活を送る関係のことを指すのだと言う。ちゃんちゃらおかしくて開いた口がふさがらない。血の繋がりってそんな大事か? そんな家父長制ずぶずぶの価値観からすれば『の、ような。』で描かれている彼らの関係は家族の風上にもおけないことだろう。けれど、私は何度読んでも、それは家族の営みであるとしか、思えないのだ。

 30歳を過ぎて買ったマンションで一人暮らしをしながら、作家として締め切りに追われる生活を送る希夏帆(きなほ)の元に、恋人の愁人(あきと)に連れられ中学2年生の冬真(とうま)と5歳の春陽(はるひ)、二人の子どもがやってきた。彼らは愁人の親戚。両親を交通事故で失ったばかりの二人が、親族間で押し付け合われているのを見かね、引き取ったのだという。連絡一つせず自分の家でもない所に連れ帰るという愁人の暴挙に憤りつつも、希夏帆は文句をぐっと飲みこみ、子どもたちとの同居生活を即座に決意。二人が少しでも居心地よく過ごせるようにと尽力する。なぜなら、それが希夏帆の思う傷ついた子どもを前に、大人がとるべき態度だから。子どもたちに雨風しのげる屋根をあたえてあげられる自分をほめようとすら考える彼女の姿勢に、大人が大人であるってこういうことだよなあ、と眩さを感じた。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年7月14日号

文春リークス
閉じる