《現場の音源入手》オープンハウス子会社社長の“パワハラ叱責”音声 「辞めたら?」「お前何してんの?」椅子を蹴り、首根っこを押さえつけ……

「週刊文春」編集部

電子版オリジナル

PICKUP!

ビジネス 企業

「辞めたら? お前、辞めたら?」

 

 こう言って部下に詰め寄るある男。そして次の瞬間、「ガシャン!」という大きな音が——。不動産大手・オープンハウスグループの主要子会社「オープンハウス・アーキテクト」の会議室で穏やかではない“事件”が起きたのは、今年2月のことだった。

 

 1997年に荒井正昭氏が創業したオープンハウス。「東京に、家を持とう。」のキャッチフレーズを打ち出して都市部で低価格の住宅を提供して急成長し、業界で五指に食い込む大手企業となった。

「昨年、持ち株会社の体制に移行。荒井氏が社長で東証プライム市場上場の『オープンハウスグループ』社のもとに子会社が並びます。新築一戸建て、マンションの販売から不動産金融、アメリカの不動産までグループ全体で手掛ける事業の幅は広い。朝礼でスローガンを叫ぶなど“体育会系”の社風がメディアに取り上げられたこともある」(経済部記者)

オープンハウスグループの荒井正昭社長(HPより)

 オープンハウスグループ全体の従業員数は4493名(2022年9月末時点)。近年は「連結売上高1兆円」の目標を掲げており、今年中にも達成を目指すという。2022年9月期決算で既に売上高9526億円となり、純利益は778億円で10期連続で過去最高を更新した。

「最近は知名度向上にも躍起で、広告戦略も目立っています。プロ野球ヤクルトスワローズのトップスポンサーとなり、今年2月には村上宗隆選手の日本選手シーズン本塁打記録や史上最年少三冠王を祝って『3億円の家を贈呈する』と発表し話題になりました。また、以前は競合他社・タマホームのイメージキャラクターだった木村拓哉を今年から自社のCMに起用したことも話題を呼びました」(同前)

“3億円の家”をもらったヤクルト・村上宗隆

 イケイケ路線で成長を遂げるオープンハウスグループ。だが、そんな中で、ある“事件”が起きていた。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 電子版オリジナル

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫