ここがヘンだよ「日本の働き方改革」 あんな法案で米・中・欧と戦えるのか?

「週刊文春」編集部
ビジネス 働き方 ライフスタイル

 大モメにモメている安倍政権の看板政策。長時間労働の是正や格差撤廃で有権者の気を惹こうとしているのは見え見えだが、さらに「生産性アップ」と言われると違和感はぬぐえない。こんな法案で生産性は上がるのか。日本の働き方改革をライバル国と比べてみた。

◆ ◆ ◆

 米国系投資銀行で6年間働いた経験を持つ篠田勲氏(65)は、日本の働き方改革についてこう話す。

「日本独自の働き方にも良いところはあります。今回の改革法案の評判が良くないのは、定年制や年功序列の枠組みには一切触れず、労働時間の規制や格差是正といった『いいとこ取り』ばかりだからでしょう。それで本当にやっていけるの? という疑念は国民の側にもあるのではないでしょうか」

 安倍政権の最重要法案である「働き方改革法案」の国会論議がいよいよ終盤を迎えようとしている。

安倍政権の「看板」政策でもある

 今回の法案のポイントは何なのか。

 東京大学社会科学研究所の水町勇一郎教授によると、「最も重要な点は2つ。(1)長時間労働の是正と、(2)正規・非正規社員の待遇差是正」だという。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2018年5月31日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫