人の間、私は外|橋本 愛

私の読書日記

橋本 愛
エンタメ 芸能 読書

 ×月×日

 人のことを最初に「人間」と呼んだ人は、一体なぜ「人」に「間(あいだ)」をくっつけたのだろうと、ずっと疑問に思っていた。

 オーストリアの精神科医アルフレッド・アドラーは、人間の悩みは全て対人関係の悩みである、といっている。人は一人で生きているのではなく、〈人の間〉に生きている。個人はただ社会的な(対人関係的な)文脈においてだけ個人となるのだと。

 このことでようやくわかった。この世の全ては「関係性」によって成り立っていることと同じことで、間というのは何もない真空のことを指すのではなく、対人によって立ち昇る自分の姿のことなのだろう。

『アドラー心理学入門』(岸見一郎 ベスト新書 900円+税)を読んで感動したことを凝縮すると主に3つ。ひとつは「対等の横の関係」について。

『アドラー心理学入門』

 アドラー心理学では、「縦の人間関係」は精神的な健康を損なう最大の要因と考え、人と人が対等の「横の対人関係」を築くことを提唱している。

「皆それぞれの出発点、目標を持って前に進んで行くのだ、そこには優劣はなく、ただ先に行く人と後を行く人がいるだけで、しかしその皆が協力して全体として進化していく」という。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年11月30日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる