プロフィール

西岡 壱誠

にしおか いっせい

東京大学経済学部4年生

歴代東大合格者ゼロの無名校のビリだったが、ひょんなことから「偏差値35からの東大受験」を決意。しかし勉強へのモチベーションが続かず、二浪が決まり危機的状況に陥る。自己認識をあらため、どのようにすれば勉強に没頭できるか試行錯誤した結果、集中力を圧倒的に高めることに成功し、あらゆる科目の成績が飛躍的に向上。東大模試全国4位を獲得し、逆転合格を果たす。現在は、人気マンガ「ドラゴン桜2」(講談社)総合プロデューサー兼東大生チーム「東龍門」リーダーを務める他、2019年5月にリリースされた勉強系webマガジン、「Study-Z」の編集長を務めるなど、多方面で活躍している。著書に18万部突破の『東大読書』や7万部突破の『東大作文』(ともに東洋経済新報社)など多数。