昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

来日前の外国人観光客は「しゃがむトイレ」が怖い!

ルーシーの「外国人の気持ちがわかるおもてなし英会話」#3

「日本のトイレは和式オンリーだったらどうしよう……」

 駅や駅ビルの清掃にいつも笑顔を忘れないで取り組んでいるJR東日本グループの子会社「東日本環境アクセス」。私がアドバイザーを務め、同社のスタッフの皆さんに1年間で52の英語フレーズを学んでもらおうというプロジェクト「Have a Nice Day企画」はスタートから半年が経ちました! 私が初歩的な挨拶の次にレクチャーしたのは「お手洗い」に関する2つのフレーズだったんです。

朝礼でスピーチするルース・マリー・ジャーマンさん ©文藝春秋

「This is a Japanese Style Toilet」(和式です)

「This is a Western Style Toilet」(洋式です)

 なぜかというと、初来日を前にした外国人観光客はみんな同じ不安を抱えているから。「日本のトイレは和式オンリーだったらどうしよう……」と思い悩んでいる人がかなりいるのです。トイレの入り口に和式・洋式を区別した配置図が掲示されている場合もありますが、できれば声をかけて「洋式もあります。どうぞご利用ください」と教えてあげたいですね。

©iStock.com

 1年以上前から日本旅行の準備をして、やっと来日を果たした友人から、帰国直前にこんなカミングアウトをされたことがあります。

「ネットで見たこの『しゃがむトイレ』がとても怖くて、日本に行くのをやめようかと何度も思ったよ!」