昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/01/06

浅村の数字の穴を埋めるには

 投手陣の充実を願うのは中継ぎ、抑えも同様。とくに、昨季は途中から調子を落とした守護神の増田達至。途中加入のデュアンテ・ヒースが代役となったが、シーズン通して安定した力を発揮するストッパーの存在が不可欠となる。黄金期には鹿取義隆、潮崎哲也、杉山賢人が「サンフレッチェ」として、その時の調子や相手打者との兼ね合いで、交代で任されたこともあるが、絶対的守護神の存在が求められる。過去の実績、経験から増田が30セーブ以上挙げるのが理想か。今季から、小野和義投手コーチがベンチを担当するが、その手腕にも期待したい。

 打線に目を移すと、浅村の数字の穴を埋めるのは1人では困難だ。その分、レギュラー組の貪欲な数字稼ぎが必要となる。秋山翔吾の打率、山川の本塁打数はある程度計算できるが、外崎修汰、森友哉、源田らが昨季の数字をどれだけ上回るかで「浅村ロス」が解消されるか。2塁手は今の段階では外崎が有力だが、社会人出身のルーキー・山野辺翔がどの程度くい込んでくるかにもかかっている。チームの主力になると言われる「幸運のドラフト3位」なのも楽しみなところ。

 そして、潜在能力抜群の木村文紀もカギを握っている。外崎が内野に回ることで、この木村、秋山、金子侑司の3人で外野を守れば投手も安心できる。辻監督は現役当時に後ろを守っていた中堅・秋山幸二、右翼・平野謙より、今の秋山、木村コンビのほうが上と見ているほど。木村の課題は打力。ツボにはまれば遠くに飛ばすが、少々波があるのが難点か。常時出場で打率.280、20本塁打を計算できる可能性は十分持っている。今季をチャンスとみて、キャンプでの技術向上が実れば楽しみな選手の一人だ。

潜在能力抜群の木村文紀 ©中川充四郎

 キャンプ、オープン戦が終わっての評論家による順位予想。ファンの気持ちとしてあまり低い評価は空しいが、大方が3位ぐらいで最終的にペナントを制するのが心地よい。今季は、多くの評論家が悩むであろう西武の戦力。さて、どんな予想になるか、今から楽しみだ。

※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイトhttp://bunshun.jp/articles/-/10298でHITボタンを押してください。

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。