昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載池上さんに聞いてみた。

池上さん、大坂なおみ選手は日本とアメリカ、どちらか一つに国籍を選ぶんですか?

池上さんに聞いてみた。

2019/02/13

Q  大坂なおみ選手の国籍はどうなるの?

 大坂なおみ選手が、全米オープンに続いて全豪オープンで優勝。とても感動しました。大坂選手は日本とアメリカの二重国籍だと聞きましたが、東京オリンピックへ出場する場合は、どちらか一つに選ぶ必要はないのでしょうか。(50代・女性・パート)

A 大坂選手は、今年の秋に結論を出すでしょう。

 大坂選手は、今年10月16日に22歳の誕生日を迎えます。それまでに日本かアメリカか、どちらかの国籍を選択しなければなりません。アメリカは二重国籍を認めていますが、日本は認めていないからです。

 アメリカが二重国籍を認めていることについて、「在日米国大使館・領事館」のウェブサイトには、以下のように書いてあります。

「米国政府は二重国籍の存在を認め、アメリカ人が他の国籍を持つ事を認めてはいますが、その事が原因となって問題が生じることがあるので、方針としては二重国籍を支持していません。二重国籍を持つアメリカ人に対してアメリカ国民としての義務を要求する場合に、それがもう一方の国の法律に反するような状況に陥ることもあるからです」

 つまり、アメリカと他国の国籍の両方を持っていても、アメリカ政府は問題にしないと言っているのです。

大坂なおみ選手 ©getty

 しかし、日本政府は、日本との二重国籍を持っている人に対して、22歳になるまでにどちらを選ぶか明らかにするように求めています。

 大坂選手は、どちらを選択するのか。この秋には結論を出すでしょう。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー