昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載池上さんに聞いてみた。

池上さんも驚いた細野豪志氏の二階派入り「あれだけ自民党を批判していた人が」

池上さんに聞いてみた。

2019/02/12

Q  細野さんの二階派入り、驚きです。

 元民主党の細野豪志氏が自民党の二階派に入るそうです。あれだけ自民党を批判していたのに、今後は自民党入りを目指しているようでびっくりしました。どんな政治思想の持ち主なんでしょうか。(30代・女性・会社員)

A 細野氏を受け入れた二階俊博幹事長は、したたかです。

 私も驚きました。あれだけ自民党を批判していた人が、という思いです。

 これについて東京都の小池百合子知事は、2月1日の記者会見で、こう述べています。

「本人の出処進退、自らお決めになったことだと思うが、舞台を確保したかった、という思いが強いのではないか。政策を実現したいという思いが強いのだろうと感じた」(毎日新聞2月3日付朝刊より)

 うまい言い方ですね。政治家には、実現したい政策があるはず。そのためにはできる限りのことをするもの、ということなのでしょうが、一般の理解は得られないですね。

細野豪志氏 ©getty

 細野氏を受け入れた二階俊博幹事長は、したたかです。政策の違いなど超越して自派の勢力拡大を図ろうとしているのでしょう。

 政策の変遷など無視して何でも受け入れてしまう政治家と、自分のことだけを考えて政策を変えてしまう政治家。受け入れてくれる幹部がいるのをいいことに変節する政治家に私から送る言葉は、次のものです。

 恥を知れ!

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

この記事の写真(1枚)