昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

カトリック神父が少年に性的虐待 東京サレジオ学園で2人の元園児が被害を訴えていた

2019/02/19

 3月9日発売の文藝春秋3月号で、私は「カトリック神父『小児性的虐待』を実名告発する」というレポートを発表した。イタリアに本部を置く世界規模の修道会が東京・小平で運営する児童養護施設「東京サレジオ学園」に50年以上前に在園した竹中勝美氏(62)が小学4年だった当時、元園長のトマス・マンハルド神父から1年間にわたって受けていた性的虐待のなまなましい実態を語った。

竹中勝美氏

 男性神父が未成年の少年に性的関係を迫る性的虐待は、米国、アイルランド、ドイツなどカトリック信徒が多くいる国々を中心に十数か国に広がっているが、これまで日本では新聞の国際面のニュースと受け止められ、「対岸の火事」に過ぎなかった。だが、それは誤った認識だったのだ。

日本人として初めての告白

 今回日本人として初めて被害を明らかにした竹中氏の告白には、大きな反響があった。私の元には、カトリック信者のみならず、プロテスタントの牧師や仏教の僧侶たちからも「他人事とは思えない」という多くのメールやツイートが寄せられた。それらの反響は、同じような被害体験を抱え込んで苦しんでいる人が全国に存在している可能性があることを示唆していた。

「事実をあかるみに出してくれた竹中さんの勇気に敬意を表する」と共感を示すもの、あるいは「組織にメスを入れるときだ」という教会に厳しいもの、そして「被害にあわれた方々が癒されること、加害者が誠実に犯した過ちを認め謝罪することが必要です」というシスターからのメッセージもあった。