昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/02/19

東京サレジオ学園からの回答

 雑誌が発売されて6日後の2月15日金曜日の夕刻、東京サレジオ学園から一通のメールが届いた。そこには「1月10日に受信した取材願いに回答する」という旨が記されていた。じつは私は取材の過程で東京サレジオ学園に質問状を送っていた。「竹中氏への虐待を認めるか」、あるいは「竹中氏以外にも被害者はいたのか(調査はしたのか)」などについて問う内容だが、締め切りまでに回答を得ることができず、今回のレポートには反映できなかった。

 今回、東京サレジオ学園側がA4判用紙3枚にわたって書き綴った回答を通じて、新たな事実が発覚した。竹中氏以外にも2人の元園児の男性が被害を申し立てていたというのだ。

東京サレジオ学園から寄せられた回答文

性的虐待は事実なのか? の問いに対し…

 重要な内容なので、一問一答を以下に示そう。まずは竹中氏が告白したマンハルド神父による性的虐待は事実なのか、という問いにはこう回答した。

〈虐待があったとされる時期からは50年以上の年月が経過しており(略)私共がお答えするのは非常に難しく、そのような事実を確認する事ができなかった、という事しかお答えできない〉

 注目すべきは竹中氏への虐待について「事実を確認する事ができなかった」とする点だ。マンハルド神父は病のため晩年帰国し、1986年、西ドイツ(当時)ロッテンブーフの修道院でぼうこう癌のため亡くなっている(享年73歳)。事実を立証する当事者がいないため、“真実は藪の中”というのである。

マンハルド神父(左)と竹中氏(右) 竹中氏提供

 レポートでも述べたが、竹中氏は性的虐待を受けた直後から結婚して子供ができるまでの約20年間、虐待を受けたトラウマから体験した性的行為の記憶を「ないもの」として暮らしていた。

 30代半ばにふとしたきっかけから起きたフラッシュバックによって一連の記憶を取り戻してしばらくした2001年、竹中氏は学園に対して事実や被害の広がりを調査するよう申し立てたが、その際も学園は「確認できません」と返答した記録が残っている。