昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

西武池袋線の“ナゾの終着駅”「小手指」には何がある? そもそも「小手指」って読める?

2019/02/22

genre : ライフ, 社会,

 西武池袋線に「小手指」という駅がある。池袋からの電車はもちろん、東急東横線・東京メトロ副都心線からの直通列車にも「小手指行」がたくさん走っているから、東横線沿いに住んでいる人でも幾度も目にしたことがあるはずだ。

西武池袋線の“ナゾの終着駅”「小手指」には何があるのだろうか

そもそも「小手指」って読める?

 が、そもそも「小手指駅」はなんと読むのか。「こてさし」という答えを言ってしまえばなんのことはないが、知らないと意外と読みにくい。その上、よく「小手指行」に乗っていても、ほとんどの人は小手指が目的地ではないのだからどんな場所なのか見当もつかないだろう。小手指駅は読み方から実態までどうにも掴みどころのないまさしく“謎の終着駅”なのである。

 というわけで、小手指駅を訪れた。せっかく地下鉄直通の列車が走っているから、乗ったのは新宿三丁目駅発の小手指行急行。小竹向原から西武線に入って地上に出ると、あっという間に練馬や保谷、ひばりヶ丘といった東京北西部のベッドタウンを駆け抜けてゆく。西武池袋線という通勤路線は所沢駅の手前まで実は結構長いこと東京都内を走っているのだが、練馬駅を出たあたりから車窓に“埼玉感”がムンムン漂ってくると思うのは筆者だけだろうか。

 そうこうしているうちに、あまり沿線の車窓も代わり映えしないまま約40分で終点の小手指駅に到着した。小金井駅大月駅森林公園駅を訪れたこれまでの終着駅の旅と比べるとずいぶんとあっという間である。途中の駅でどんどん客は降りていったが、それでも小手指駅手前で座席の3割近くは埋まっている。終点だから当然みんな小手指で降りるわけで、これはきっと何かあるに違いない……。

新宿三丁目からでも40分ほどで小手指に着く
果たして小手指駅には何があるのだろうか