昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「絶対面白いから読んで」……谷原章介がある時代小説にどっぷりはまった理由

佐伯泰英×谷原章介特別対談「磐音は最高のユートピアだ!」

全て刊行したあかつきには……?

谷原章介さん ©石川啓次/文藝春秋

佐伯 はい。2021年の春先まで、2年以上かけて出ることになります。

谷原 51巻、全て刊行したあかつきには、新作もあるかもしれない……。

佐伯 どうでしょうか。新作書いて悪いわけじゃないだろうし、自分の頭の中でアイデアが形になった時には……。27歳の、あの関前での悲劇の日からずっと磐音を書いてきた。僕も80に手が届くような歳になってきて、そうした年齢を意識し始めた磐音を書くのもいいのかな、という気持ちもあります。藤沢周平さんの『三屋清左衛門残日録』みたいに。人間みんな歳を取っていくんです。

谷原 そうですね。老いていく……僕はいま46歳で。

佐伯 まだまだ。

谷原 まだまだ元気ではあるのですが、徐々に意識すると言いますか。81歳の父親と一緒に暮らしているんですね。父がだんだん弱っていくのを見ると、ああ、僕もやがてこうなっていくのかなと、日々自分の老いのことも考えていくようになっています。

佐伯 書かなきゃいけないのかな。

谷原 読者としては、読みたいです。すごく読みたいです。

陽炎ノ辻 居眠り磐音(一)決定版 (文春文庫)

佐伯 泰英

文藝春秋

2019年2月8日 発売

奈緒と磐音 居眠り磐音 (文春文庫)

佐伯 泰英

文藝春秋

2019年1月4日 発売

 

この記事の写真(4枚)