昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

三・一独立運動記念日 現地記者が感じた、リアルな韓国人の関心の先

文在寅大統領が立たされた苦境

2019/03/08

「PM2.5をくぐり抜け1万人の雲集」(聯合ニュース)

 3月1日、こんなサブタイトルに目が留まった。旧知の記者に訊くと、「100年前の“日帝の監視”が今はPM2.5、というわけですよ」という。

 注目が集っていた韓国の三・一独立運動記念日は、前日の第2回米朝首脳会談決裂の余波もあってか、淡々と終わったなあという印象だった。

「三・一独立運動」の100周年記念式典で建てられた、文在寅政権を批判する看板。「文在寅退陣のための大韓民国国民政府」と書いてある(筆者提供)

文政権は独立運動とキャンドルデモのつながりをしきりに宣伝

 1919年、日本の植民地からの独立を求めた独立運動から今年は100周年になるといわれ、文在寅政権はその独立運動の精神が1980年の軍事政権に抵抗した光州事件や87年の民主化宣言、そして、2017年に朴槿恵前大統領を弾劾に追い込んだキャンドルデモにつながったとして大々的に宣伝してきた。

 中道派の韓国紙記者は言う。

「そもそも文大統領誕生を導いたとされるキャンドルデモが独立運動の精神を脈々と受け継いできた流れかといわれると、よほどの支持者ではないかぎり、首を傾げてしまいます。

 また、北朝鮮と共同で行事を進めようとして、結局、『南(韓国)とは歴史認識が異なる』という理由から断られた。あきれたのは、政権が南北が歴史を共有できるはずがないことすら把握できていなかったということです」

在韓日本人に向けた注意喚起はまるで「ブラックコメディ」

 1万人集ったか否かは分からないが、ただ、文大統領が演説のために立った光化門広場の先では、文大統領退陣のピケが張られていて、散漫な雰囲気。

太極旗を売る出店(筆者提供)

 出店では太極旗とともに米国の星条旗も売られていて、店主に訊くと、「星条旗も売れるので置いています」と言う。価格はなぜか太極旗の1.5倍で、どうしてかと訊くと、笑いながら、「他国の国旗だから著作権があるから高い」のだと教えてくれたが……。

「皮肉なのは、太極旗はもちろん大韓民国の国旗ですが、文大統領退陣を求める保守派の象徴でもあること。(太極旗を見ると)なんとも複雑な気持ちになります」(前出記者)

 駐韓日本国大使館からは在韓日本人に向けて「3.1独立運動100周年に際するデモ等に関する注意」という注意喚起のメールがあって、そのことを伝えると、「デモ等はありますが、わざわざ注意を喚起するほど日本人にとって危ないことは何もありませんよね。まるでブラックコメディだ」(同前)と笑われてしまった。